こんにちは。残すところあと1日となりましたが、まだまだ行きます。

 

「さて、良いニュースと悪いニュースがあるんだが…」そんな気分ですが、まずは良いニュースから。

 

兵庫県の新規採用職員の研修として被災地でのボランティア活動があるそうで、50名ほどが閖上に来ました。

現地での作業は、日和山山頂にある石礫の除去と現在駐車場となっている広場にある廃材(針金など)を除去をお願いしました。

 

日和山の山頂には震災後に砂利というよりは石礫が敷かれていまして、歩きにくいことと、来訪者の皆さんが意識せずに蹴飛ばした石が階段に落ちて危険な状態となっているため、除去を考えていたところにボランティアのお話がありましたので協力していただくことになりました。

また、駐車場となっている広場もがれきを破砕したコンクリート片が敷かれているため、それに混じっていた骨材の針金や釘などがあり、タイヤのパンク等の事故も考えられるということで除去することにしたものです。

 

曇りの天気でしたが、蒸し暑いため、休憩と水分補給はしっかりと。休憩時にも熱心に話を聞いていました。

 

皆さんのおかげで石礫がなくなり、さっぱりとしました。足元の不安も解消されると思います。

・・・けども、この画像、何か違和感が?

答えは次の新着情報で。

 

 

そして、清掃の後に桜の植樹が行われました。

(この桜が満開の花を咲かせる頃、新しい閖上があるはず。

いつかまた訪れて欲しいと思います)

 

作業の後には閖上たこ焼きを振る舞い、喜んでいただけました。

このたこ焼きはおだんごのように串に刺さっているのが特徴。

 

兵庫県の皆さん、ありがとうございました。

 

終了まであと少しですが、引き続きご支援よろしくお願いします。