「0円均一商店街」は、その地域や団体の特性に合わせて、自由にアレンジしながら独自のスタイルで開催する事も容易です。例として、2年前に佐賀県のNPO団体が自主開催(私自身は、実施過程における簡単な助言とダンボール箱や商標(ロゴ)データ等の支給したのみで、実質的な運営には関わらず現地の方のみで全て営まれました。)を行い、その様子は地元メディアなどに取り上げられていました。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/158134

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/169583

新着情報一覧へ