プロジェクト概要

 

現場の声から独立を決意。湯浅直樹の挑戦!

 

皆さんこんにちは、湯浅直樹です。私は以前、北海道旭川市で融雪機や除雪機の販売会社に勤めていました。

 

旭川市では毎年1m以上の積雪があり、土地の狭い家などは雪の置き場所に困ります。狭い土地に必ず融雪機などついておらず、融雪機や除雪機を金銭的に買いたくても買えない方や、シーズンオフに融雪機などを保管する場所がなく買えない方がたくさんいらっしゃいます。融雪機関連の仕事をしていたときはシーズン前と、シーズン中に、「融雪機をレンタルしてませんか?」と老若男女問わず連絡がきました。

 

 

私の勤めている会社は販売のみだったのでレンタルはしてませんが、これがきっかけで除雪機等のレンタル事情について調べてみました。すると、大手レンタル会社でも1日だけの使用でも最低3日間の最低保証料と配達料があり、余分にお支払いしないといけないのと、レンタルしているものは大型なため、個人向けには借りずらいという状況でした。また、個人向けに融雪機や除雪機をレンタルしている会社は少なく、毎朝、スコップなどを使い手作業で重い雪を除雪しなければなりません。

 

そこで、個人でも気軽に借りやすい融雪機、除雪機の事業を立ち上げようと考えました。クラウドファンディングでは、事業立ち上げの準備として、除雪機購入の費用を募らせていただきます。雪で困っているたくさんの方にこの取り組みを知ってもらい、少しばかりの助けになればと考えています。皆様、私の挑戦を後押ししてください。ご支援よろしくお願いします。

 

 

 

豪雪地域の現状を少しでも変える!

 

旭川では毎年1m以上の積雪があり、地域住民は朝起きて玄関先から道路までスコップやママさんダンプなどで除雪をしたり、休みの日は屋根の雪を落としたりなどします。雪は意外と重く、除雪をしているだけで筋肉痛になる程です。

 

また、ここ数年降雪量が増えており敷地内で雪の置く場所がなくなり、雪を高く積み上げることができなくなり、人力だけでは限界がきています。雪の置き場確保で業者に排雪依頼すると50,000円~100,000円ほどかかるため、業者に依頼しないで、雪を高く積み上げるなら除雪機、積まないで溶かすなら融雪機など、何かしら解決方法を見つける必要があります。

 

中には融雪機を持っている家庭もありますが、雪のシーズン中に故障してしまったら使いえなくなり、雪の処理に困ることも多くあります。融雪機の販売会社に勤めていた際、修理に来たお客様に、壊れてしまっているので修理できないことを説明すると、「レンタル機はないのかい?」と必ずいわれます。販売のみの会社になるのでレンタルの要望に応えることができませんでした。何度もこのような経験があったことから、融雪機を買えない方に力になれないかと思い行動を起こそうと考えました。

 

除雪をしなければ外に出ることもできません。

 

 

除雪負担の軽減のために。

 

事業立ち上げにあたり、まずはみなさんからご支援をいただいて融雪機、除雪機を購入させていただきます。購入する融雪機は移動式で持ち運びが楽な融雪機と、家庭用ロータリー除雪機になります。

 

除雪機と融雪機を、誰でもレンタルしやすいような金額でレンタルを行います。金額としては融雪機一日5,000円(予定)、除雪機一日6,000円(予定)、他にシーズン契約など考えております。それにより雪で困っている多くの人の助けになればと思います。

 

 

<資金使途>

融雪機2台:400,000円
手数料(税込):108,000円
必要金額合計:508,000 円

※2019年2月28日までに購入させていただきます。

 

<事業化スケジュール>

2019年2月:購入予定

2019年12月頃:レンタル開始予定

 

 

事業スタートの第一歩を後押しください!

 

まずは、2台の融雪機を購入するところからこの事業の準備が始まります。将来的には、レンタルできる除雪機と融雪機の数を増やし、旭川市全域や市内近郊の人たちのために行なっていきたいと思います。

 

雪が多く手作業だけでは対応できないとき、最終的には除雪業者さんを使う方が多く、1回50,000円〜100,000円ほどかかってしまっています。その負担が5,000円から6,000円になることでより気軽にサービスを利用していただき、除雪による皆様の負担を減らしたいです。

 

最後になりますが、皆さま、私の挑戦をどうか後押ししてください。ご支援よろしくお願いします!

 

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)