皆様のご支援で動き出しておりますこのプロジェクト。

 

リターンの謄写版セットの「箱」のサンプルができてきましたので、初お目見えです。

 

 

プロジェクト公開中の目標金額達成した直後から、業者さんとすり合わせを重ねること数回。いよいよ形になってきました。

 

たかが箱かもしれませんが「されど箱」。きちんとお片づけができることは、「長く使ってもらえる」につながりますので、

簡単な作りではありますが、工夫いたしました。

 

まず、お道具箱の形態になっています。

 

 

簡易間仕切りは、製版道具と刷りの道具とが分かれて収納できるよう&取り出しやすいようになってます。

 

ヤスリが収納できる簡易箱もあります。一緒に中に収納できるように箱間仕切りの高さも工夫してます。

 

後から鉄筆が増えても柔軟に対応できるよう十分にスペースが確保してあります。

 

 

こちらは挿絵

並行して、取扱説明書も鋭意製作中です。

 

謄写版を長く愛されるものにする施策をひとつづつ進めています。