クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

「動く絵―新しい映画の形」

山田啓己

山田啓己

「動く絵―新しい映画の形」
支援総額
50,000

目標 50,000円

支援者
15人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2011年04月23日 22:42

CMYKディスプレイの理念①

明日から研究費の面接のため福岡に出張してきます。

 

 

僕の目指している研究のビジョン「CMYKディスプレイ」について、少しご説明したいと思います。

まずは絵を。

「CMYKディスプレイ」を人に説明するとき、「昼間の技術」と一言で表現しています。

「変化する色」と言ったほうがわかりやすいかもですね。。

 

携帯電話やパソコンなど、いろいろなデバイスの画面は、RGBという光の三原色でモノを表現しています。

光って絵や文字を描き出しているわけです。

でも、明るいところでは見えづらい、黒色が正確に表現できないといった問題があります。

 

 

それに対し、「CMYKディスプレイ」は、こうしたRGBの弱点を対称的に補完するためのビジョンです。

「CMYK」とは色素を示します。つまりインクや絵の具を、RGBのピクセルの代わりに使います。

これによって、明るいところでよく見える、黒色が表現できるというアドバンテージが生まれます。

 

インクや絵の具は、普通はコンピュータ制御ができないわけですが、

温度や電気、化学物質によって可逆的に反応する特殊なインクがありまして、

それをコンピュータ制御することにより、ダイナミックな変化を実現しています。

 

 

(次回に続きます。)

一覧に戻る

リターン

1,000円(税込)

ショートフィルムのクレジットにスポンサー様のお名前を掲載させていただき、フィルムのデジタル版をダウンロードできる権利をメールでお届けします。

支援者
6人
在庫数
制限なし

3,000円(税込)

ショートフィルムのDVDを郵送でお届けします。また、フィルムの完成披露イベントを都内で開催し、スポンサー様にそのイベントの招待券をお送りします。

支援者
8人
在庫数
42

5,000円(税込)

映像中に出てくる「動く絵ミニ作品」(名刺サイズ)を1点お届けします。

支援者
4人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする