プロジェクト概要

寝たきり予防には適切な検査と評価が必要。個々人にあったプログラムを作成し、自立した活動を支援したい!

 

はじめまして。一般社団法人「筋活性化支援協会」代表理事の中辻正と申します。高齢者が要介護状態に陥るまでに、全身的衰弱、筋力の低下、活動性の低下、認知機能の低下、精神活動の低下などの経過を辿ることが知られています。

 

※日本老年医学会では、これを「フレイル」と呼んでいます。フレイルの予防には、適切な運動、精神活動、そしてバランスの取れた食事が大切です。

 

※「日本老年医学会」…老化とはどのようなものか、老化する過程でどのような病気になるのかなど、老年に至る医学的研究と振興、及び知識の普及を目的として設立された一般社団法人です。

 

当協会は個々人のフレイル状態を丁寧に検査・評価すると共に、すべての高齢者に必ず起こる筋機能低下の改善を主な目的とし活動しています。硬化した筋肉を柔軟にすることで快適な生活を取り戻し、個々人に適した運動処方や食事指導など生活改善の重要性を理解することでフレイルを予防します。

 

今回のプロジェクトで寝たきりを予防したり、運動の苦手な人たちが日常生活を取り戻せる、そんな施設を作りたいと思います。その費用に100万円が必要です。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

人の筋肉は年々老化していきます

 

寝たきりの最大の予防は健康で柔軟な筋肉。健康な筋肉があれば一生自立して生きていくことができる。

 

私は柔道整復師として筋肉治療を掲げ、腰痛・関節痛などの改善に取り組んできました。その中で、エイジングケアーにも筋肉治療が有効であることに気づきました。それからアンチエイジングを対象として身体の施術に取り組むようになったのですが、単に若くする、ただ綺麗にするだけではなく、将来必ずや訪れるだろう「寝たきり」の問題についても考えるようになりました。

 

多くの先生方に協力して頂いてわかったことは、単に運動するだけではいけない、不合理な食事を続けてはいけないということでした。必要なことは健康で柔軟な筋肉であり、その重要性を知ることが大事でそれが自活への一歩になるということでした。

 

それには、まず身体と生活の現状を理解するために検査をし、次に個々人にあった筋肉治療をすることが必要です。そこで、仕事場と自宅を一緒にした施設を作ることで、寝たきりに不安を抱いている人や予防をしたい人をフォローできると思いプロジェクトを立ち上げました。

 

私の手で多くの患者様の施術を行っています

 

筋機能低下(フレイル)の改善を目的にした支援施設をつくりたい!

 

■支援施設概要

実施者:私と弟子、3名の大学の先生。

対象者:主に40歳以上の男女。※寝たきり状態の方は参加できません。

会費:なし。※検査、施術、運動にかかる費用が発生します。

 

■支援内容

  1. 「カウンセリング」…個々の生活環境、悩み、体力、食生活などの状況を把握。
  2. 「運動検査」…筋力、瞬発力、持久力、バランス感覚などを特殊な器具で検査し、個々人の筋の状態を把握します。
  3. 「個々人の筋肉の柔軟性」…全身の身体を触り筋の柔軟性を確認し、特に腰痛、肩こり、関節痛などの改善を行い、運動に取り組める体づくりをします。
  4. 「運動指導」…実際に個々にあった運動プログラムを運動療法室で指導します。
  5. 「アドバイス」…検査結果より必要な運動、食事、生活環境などを指導し、同時に健康な筋肉の重要性を理解するための知識を付けます。

(その他活動内容)

これまで技術を高めながら、多くの治療家にセミナーを通して筋肉治療を広めてきました。また、筋肉治療を応用したエイジングケアー方法を確立し、多くの企業に筋肉治療の啓蒙を行ってきました。以下は、採用された技術の一部です。

 

▼株式会社カネボウ化粧品 トワニー 顔深筋メソッド指導員

株式会社カネボウ化粧品 トワニー「顔深筋メソッド」

 

▼バリ島 アヤナ・スパ&バリ スパ技術指導員

バリ島 アヤナ・スパ&バリ

 

多くの人たちが寝たきりになることなく、元気に健やかに暮らす未来をつくりたい!皆さま、ご支援よろしくお願いします!

 

健康な筋肉であれば自活することができ、寝たきりを限りなく防ぐ、または遅らせることができます。このプロジェクトをきっかけにして、たくさんの人たちに実践してもらいたいと思います。また、当協会ではプロジェクトに賛同し一定の勉強過程を修了した方には、筋活性化支援師の資格を与えています。この資格を活用し、是非とも活躍の場を広めていってほしいです。

 

自信をなくしている人たちは、外に足を運ぶことが少なくなり、なかなか機会を自ら作ることができません。また、食事施設、運動施設、治療施設等は多く存在しても、そういった人たちを最後まで支援する施設はありません。そのような部分を私たちの施設が担っていけたらと思います。

 

プロジェクトには皆さまのお力が必要です。どうかご支援よろしくお願い致します。

 

一般社団法人「筋活性化支援協会」代表理事の中辻正


~リターンについて~

ご支援頂いた皆さまには、検査チケットやバリのクリームなどを差し上げます。

 

検査項目は以下の通りです(完全事前予約制)

  1. カウンセリング
  2. 運動検査
  3. 筋の柔軟性の確認
  4. 運動指導
  5. アドバイス