天国の野菜は、雑草のチカラを大切にします。

 

 例えば、草が根っこを張ることで土が砕かれて耕されます。

 例えば、草の根っこの先から、根酸という草の液が出て土を溶かして栄養として吸い上げますが、この液を野菜が吸い上げ、絶妙の味わいを作りだしてくれます。

 

 全て自然のチカラです。

 

 雑草を活かしながら、ときに除草しながら育て、そんなチカラのおかげで、今年も美味しそうなタマネギができました。

 

 タマネギとタマネギの間を、機械が入るくらいに開けて植え付けします。

 そこは、ハンマーナイフという機械で草を刈りますが、その草は粉々になって土に混ざります。

 

 タマネギの足下に雑草が残るのは、手で取ります。

 

 上は手で取りながら途中で撮影、下は、タマネギのタマが白くキレイに見えてきました。

 これから、少しずつ薄皮が出来て茶色くなります。 

 

 下の新タマネギ、青い葉っぱも美味しいです。

 

 たくさんの方々に、天国の野菜の美味しいタマネギを食べて頂けるようにしたいです。

 

 早くも残り一週間ほど。

 今少し、目標額に足りません。

 

 是非、応援を、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 ちなみに、一番左端は、ニンニクです。

 

 ステーキの上に載せる、カリカリニンニクが、猛烈に美味しいのです・・・・。 

 

 

 

新着情報一覧へ