皆様

たくさんのご支援本当にありがとうございます!

 

新潟県基板ネットワークです。

 

今日は、大花火で有名な『長岡市』からお届けします。

 

いくら障害を持っていても、

『誰かの役に立ちたい。』

『社会から必要とされる存在になりたい。』

 

その思いに応える活動がここにあります。

 

市民の方々が不要になったパソコンをご寄付いただく際に、『いやーパソコンをどうやって捨てるか困ってたんだよー。助かったよ!ありがとう!』と声をかけてもらえるとみんな嬉しそうです。

 

企業様からご寄付いただくときは、情報端末であるパソコンですので、記憶媒体であるHDDの物理破壊をしてからいただいており、その時も、『これ全部データ消去するとものすごい時間がかかるんだよ。それにゴミも削減できるし、本当にありがとう!』とやっぱり感謝されます。

 

 

大切なデータが入っているので私たちは、1台1台丁寧に処理をいたします!

 

 

毎日パソコンに向かう彼らは、プロフェッショナルです!

 

 

『人に必要とされることでこんなにも心が強くなると思いませんでした。

人から感謝されることでこんなにも心が満たされると思いませんでした。

この2つはどんな偉い人に相談しても、どんなに効く薬を飲んでも得ることはできません。働くことで得られるのだと知りました。』

 

これは写真の彼がネットワークの講演会で発表した言葉です。

 

この言葉を聞いて、絶対にこの事業を広げていかなければならないと確信しました。

 

感謝と感謝。

ありがとうにありがとう。

 

この事業は心地よい風が吹いています。

 

 

皆様多くのご支援本当にありがとうございます!

これからも頑張ります!

 

 

 

 

新着情報一覧へ