おはようございます。杉山新です。

 

毎日、少しずつ少しずつ

応援の声、拡散、支援が増えていき、

嬉しいです。

 

本当にどうもありがとうございます。

 

実は、先日、私のブログで

『皆さん助けてください』

というタイトルのブログを書きました。

 

おまけに、書き出しは

【助けてください。皆さんに一生のお願いです。】

https://ameblo.jp/arata-sugiyama/entry-12303479980.html

 

びっくりした方もいたかもしれませんね。

 

私も、自分の人生の中で一生のお願いをするなんて

考えたこともありませんでした。

これが最初で最後だと思います(^_^;)

でも、それくらい私はこのプロジェクトを

成功させたいと考えています。

 

 

 

3月に、ナチョ選手が1型糖尿病であることを公表し、

それと同じくらいの時期に、

「クラウドファンディング」

というしくみがあることを知りました。

 

私にとって、これまで知らなかったしくみ。

自分と同じ病気で現役のサッカー選手が

世界有数のトップチームにいるということ。

 

2つの知らなかったことが、

同時に自分の元に飛び込んできました。

 

このタイミングのあう感覚。

サッカーでも、展開がスムーズな時。

パスが何の抵抗もないかのように繋がって

確信を持ってゴールを決められたりする。

 

なんか、そんな感覚に似ているなと

ふと感じたんです。

 

 

同じ病気と共生している私が橋渡しとなって

子どもたちに、現役のナチョ選手の姿をみてもらう。

 

そこから、子どもたちの夢がまた広がっていく。

そんなきっかけをもしかしたら、創っていけるかもしれない。

 

 

 

現実は?

 

 

最初に動き始めた時は、

びっくりするくらい大きなトラップがあって

「本当にこれ、いけるかな?」

「実現できるかな?」

と、一番心配になったのは私でした。

 

 

それでも、諦めたくはありませんでした。

だからこそ、

「どうしたら、このプロジェクトを実現できるんだろう?」

 

と、3月から毎日、毎日考えてきました。

 

 

こうやって、クラウドファンディングが始まってみても、

同じ思いで毎日を過ごしています。

 

 

クラウドファンディングで目標達成するのは、

このプロジェクトの3合目地点。

1型糖尿病の子どもたちにレアルの試合を、

ナチョ選手の勇姿を見せるところあたりが5合目地点。

 

このプロジェクトの先にあるもの。

 

クラウドファンディングを始めてから

そんなことを考えるようになりました。

 

今日も、子どもたちにサッカーを教えてきます。

行ってきます!

 

 

 

 

新着情報一覧へ