​私は23歳で、1型糖尿病を発症し低血糖で試合中ピッチで倒れないように気をつけてプレーをしてきました。

1型糖尿病とは、小児期に起こることが多いため『小児糖尿病』とも呼ばれます。 食事の量とインスリンの量の調節がうまく行かなかった場合など低血糖を起こし、発汗やしびれ、時には意識障害を起こすこともあります。

幼い1型糖尿病の子をもつ親からすると、アラート犬が側にいてくれて、子供の状態を知らせてくれたら、どんなに心強い事でしょう。 皆さまのお力により、アラート犬の育成をし、多くの1型糖尿病の子供たちの助ける事ができます!!

ご支援、ご協力の程よろしくお願いいたします。

https://readyfor.jp/projects/iddm-alertdogs

新着情報一覧へ