皆さんこんにちは。

オペレーション・ブレッシング・ジャパン広報の渡邉です。

 

九州北部豪雨災害の支援プロジェクトとしてスタートしたクラウドファンディングも、募集期限まであと4日となりました。
現在はこの挑戦に25名の方がご賛同くださり、現在の達成率は67%を超えることができました。目標額まで残りわずか6万5,000円で、挑戦期限は9月15日(金曜日) の23時までとなります。
被災地での活動を続けていけるよう、どうか残り4日間での応援をよろしくお願いします!!

 

本日は、オペレーション・ブレッシング・ジャパンスタッフからの現場リポートをお届けします。

 

 

 

【以下現地スタッフ:弓削】

 

私たちが支援に入っている杷木町東林田地区で、80代のお母さんが泥だし作業に参加されていました。

 

 

「自分たちのことだから、がんばらんと」
私が休んでてくださいと伝えても、大丈夫、作業を続けたいと言います。その姿に支援チームも奮起し、ご自宅の前の泥をすっかり片付け、土嚢を組み上げました。

 

 

作業が完了した時のお母さんの笑顔。
決してこれだけで終わるわけではない、復旧へ向けた努力、少しでも力になれたのであれば幸いです。丁寧にご挨拶させていただき、次の現場へ向かいました。

 

私は東日本大震災で被災し、全国や海外から、たくさんの方に応援いただいてきました。だからこうしてお会いできた方には、心からご挨拶して、お礼を伝えていきたいと願っています。

 

 

現地はまだまだ厳しい暑さが続いており、被災者の方々や支援チームは汗と泥にまみれながらの清掃作業に追われています。

一件でも多くの家屋を綺麗に片付け、被災者の方々が明日への一歩を踏み出すきっかけとなれるよう、皆様のご支援をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

プロジェクト終了まであと4日、

目標達成まで残りはわずか6万5,000円となりました。

 

あと7名の方に10,000円のご支援をいただければ、このプロジェクトは無事達成となります!

その7名の中のお一人になっていただけないでしょうか。

 

豪雨災害から2ヶ月以上が経過しても、元通りの生活とはほど遠い毎日を過ごしている被災者の方々を、どうぞ皆さんの手で応援してください。

私たちの活動が被災地の活力となっていくよう、皆様のご支援を心よりお待ちしています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ