塀完成セレモニーまでのご報告

今回はPlas+2年の佐藤透(さとうとおる)が

担当いたします。

---------------------------------

子どもたちの協力のおかげで建設準備が整い、

12月上旬建設が開始しました。

 

トムオー村は市の中心部から離れている

という事もあり、往復するにはかなりの時間がかかるため

建設業者の方々は学校に寝泊まりしながら塀建設を

行ってくださいました。

 

塀建設プロジェクトは日本の皆様はもちろん

カンボジアの多くの方々の応援と協力に支えられ

達成する事が出来ました。

改めて感謝申し上げます。

 

 

Next→【塀完成セレモニーまで】#37 by 田村、岩上

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ