プロジェクト概要

 

富士市に唯一存在するシニアカルチャースクールを存続したい!

 

ページをご覧いただきありがとうございます。静岡県富士市で唯一のシニアカルチャー事業を運営している「プラザ・デ・アイ」の鈴木照代と申します。

 

“健康長寿をめざそう” “元気脳を保とう”と世の中で言われているにも関わらず、高齢者が日々楽しく通えたり学べたりする場所が少ない現状があり、それを改善していくために今年の7月18日からオープンしたのが「プラザ・デ・アイ」です。

 

なんとか、銀行から融資を受けて、認知症予防にもつながるシニアカルチャー事業として展開しているのですが、まだまだ会員様が少ない現状があり、この先の運営も難しくなってくるかもしれません。

 

そこで今回クラウドファンディングを通して、今後の運営資金と一人でも多く方に会員様になっていただくためにプロジェクトを立ち上げました。今後の高齢化社会のために少しでもお力になりたいと強く思っています。そのためには皆様のお力が必要です。どうかご支援をお願いいたします。

 

 

「音楽でもっと人のためになる何かをしたい。」
演奏活動やデイなどの慰問活動をしながら考えていました。

 

2025年には65歳の5人に1人が認知症になると言われています。しかし、認知症は65歳未満で発症する場合も多く、「若年性認知症」と呼ばれています。とくに40代、50代で発症すると老年性の認知症よりも早く進行し、症状も重くなる傾向があります。


また「軽度認知症障害」(MCI)の状態になると、4年後には50%の人が認知症を発症すると言われ、現在、その数は国内で400万人を超えていると言われています。一度発症すると治すことはできず、薬も進行を遅らせる効果しかありません。そのため発症を予防することが何よりも大切になってくるのです。

 

 

みんな人それぞれ。認知症も人それぞれ。

 

認知症を防ぐために様々な研究が行われていますが、その中でも学習療法や音楽、カルチャーといったものは前頭前野を刺激し予防に繋がると言われています。そこで私は30年間活動してきたピアノを始めとする音楽やカルチャーで認知症を防ぐための事業を始めようと考えました。

 

まずはじめに、カルチャー特化型のデイサービスの開業を目指しましたが、新規で立ち上げるには色々と難しさがありました。しかし、なんとか実現したい一心で銀行から融資を受け、今年の7月18日にまずはシニアカルチャー事業をスタートしました。

 

8月末までオープンのキャンペーン期間として、20名様ほどの皆様にご利用していただいており、「同じ空間で色々なカルチャーを体験できるのは本当に魅力的ですね。」と言ってくださる方もいて、立ち上げて良かったと思えます。

 

来年からは、学習療法中心の短時間のデイサービスを運営するために、市に申請の準備中ですが、本来私が実現したいのは、介護度のレベルにあったサービスの展開です。

 

オープン特別講座 プラザ・デ・アイの講座の一つである〝チャカリナ〟の演奏と
コラボ日本茶インストラクターの渡辺氏による『美味しい冷茶の淹れ方講座』。 

 

実はいま、通うタイプの介護施設(デイサービス)では、介護度の高い方も低い方も同じ空間で過ごしているという現状があります。その状況では、まだまだ積極的に何かをやりたい、と感じる利用者の方と、介護度が進み介護士さんの手助けが随時必要な方とのギャップが多く、一日を過ごすのに決して良い事ではありません。これは現場で働く介護士の皆さんの声でもあります。今後、認知症・認知症予備軍の方が増えていくことを考えると、介護度のレベルにあったサービスを提供していく必要があると考えています。

 

いま実施している事業は現在の所、年齢も介護認定の有無も関係なく、一般的なカルチャーセンターに近いものです。今後は現在まだ元気な方々が認知症予防をもっと積極的に考えたり、その必要性を訴えかけていきたいのです。MCI(軽度認知障害)の段階までに本人や周囲の人々が気づき、早期の治療となるカルチャーの必要性を発信していく事が目的でもあります。現況として、介護保険制度が適用しないことや「絶対に必要なもの」という認識がまだまだないため、事業の運営も厳しいのです。

 

今後、このサービスは絶対に必要だと信じています。だからこそ、今このタイミングでこのサービスを展開していきたい、という強い気持ちなのです。しかしながら、やはり資金は必要です。デイの参入も含め、その資金不足に困っています。このままでは運営そのものが厳しいのです。

 

そこで今回のプロジェクトを通して、会員様を一人でも多く増やしたい、というのと同時に、今後の様々な資金を皆様にご支援していただきたいと思い、クラウドファンディングを立ち上げました。

 

特別講座 『認知症サポーター養成講座』 認知症サポーターキャラバンメイトの鈴木が開催致しました。
認知症の方や家族を地域で見守ろう!そして認知症の正しい知識を学ぼう!というものです。

 

 認知症予防のための施設「Plaza・de・I」プラザ・デ・アイ 

 
■場所:静岡県富士市浅間本町1-43

 

 

■運営内容詳細:おとなのためのカルチャープラザ 

 

 講座紹介

  ・オカリナ、チャカリナ 

  ・プロパノータ(打楽器) 

  ・トーンチャイム 

  ・コーラス、ボイストレーニング 

  ・ピアノ、キーボード、トレーニング    

  ・書道、筆ペンで般若心経 

  ・井戸端英会話 

  ・ハーブ・アロマ 

  ・色鉛筆画、水彩画 

  ・自彊術 

  ・ピラティス、ヨガ 

  ・セルフ整体、正しい歩き方教室 

  ・ちりめん手芸 

  ・花花倶楽部(ドライフラワー・アレンジ)など 

  ・脳トレ講座

 

オカリナ・チャカリナやコーラスなどは、呼吸をする事、息を吹き込む事そのものが五臓六腑 

の機能を高めます。声を出す事、歌う事も同じで、口の周りの筋肉の衰えを予防したり、表情も豊かにし、コミュニケーションもスムーズになることでしょう。食べ物を口に入れてから飲み込むなどの動作と深く関連しておりますし、楽しみながらも高齢者の日々の生活にかかせない機能訓練の一つとなるのです。

 

また歳をとるにしたがって髪も白くなり腰も曲がり骨ももろくなるのと同じように、脳も歳をとれば記憶力がなくなったり機能が低下していきます。認知症と診断を受けるタイミングは、既に認知症になっている時です。初期症状の時にどれだけ気づいたり脳機能のトレーニングを始められるかがポイントなのです。学習療法、カルチャーのような趣味活動をリハビリの一つとして取り入れることが、認知症予防活動となります。

 

プラザ・デ・アイのフロア。おとなの学校メソッド。講座のご紹介。教室の写真。

 

「元気脳」「健康長寿」のためにできる事は…?

いきいきと自分のやりたいこと探しができる場所へ!

 

年齢を重ねてもなお、学びたいと思う好奇心ややる気は持ち続けたいものです。一つの施設で色々な事が学べる場所。みんなが集う場所。誰かに会うために通いたくなる場所。思い出の場所。そんな心温まる場所にしていきたいです。

 

そして認知症への移行を食い止め、更に家族や介護者などの負担を減らしていきたいと考えています。楽しくコミュニケーションを取りながら認知症を予防することはこれからの介護業界においても更なる広がりや発展が予想される、新しい非薬物療法だと思っています。

 

明るい未来のために私ができる最大限のことをしていきます。

どうか皆様のご支援をお願いいたします。

 

 

リターン内容


・お礼メール
⇨心を込めてお送りします。

 

・クーポンチケット

⇨1回2,300円の講座を受講できるチケット
 

・施設の看板に一口サポーターとしてお名前を掲載できる権利

⇨支援者様のお名前を施設の看板に掲載させていただきます。匿名可

 

・静岡名物のお茶っぱ

お気持ち程度ですが、静岡で有名なお茶っぱをお送りします。


最新の新着情報