初めまして、こんにちは。

 

この度Ready forにて

プロジェクトを立ち上げました佐藤英太です。

 

簡単に自己紹介をします。

 

 

名前:佐藤英太

仕事:ライター・編集

 

 

普段は

Webサイトに記事を寄稿したり

記事の編集をしたり、プランニングをしたりしております。

 

読み書きによって「伝える」仕事という感じでしょうか。

 

 

口唇口蓋裂という先天疾患について自覚したのは中学生当時。

それは結構な衝撃でした。

 

なんせ自分は健康体だと思い込んでましたから。

 

それからふさぎ込むようになって、

人間関係に苦しむようになり(人間不信?)、

「人は裏切る」という価値観が形成されました。

 

今は「裏切る人もいる」という解釈に変わっています。

 

こんな風に、世界(自分の身の回り)に対する解釈を

ひとりで抱え込むのはなかなかに辛いものがあります。

 

勇気を出して、言語障害のことを誰かに伝えたときは

「へーそう、こうして話してるぶんにはよくわかんないね」

という意外な反応でした。

 

てっきり目の色が変わる(差別的な目を向けられる)

とばかり思っていたので。

 

ですから「もっと早く誰かに打ち明けていればなあ」

というのがいま現在の感想です。

 

その気持ちをカタチにしようと思い立ったのが、

今回立ち上げたプロジェクトでございます。

 

自己紹介は以上です!

 

読んでくださってありがとうございます^ - ^

新着情報一覧へ