このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

富士山の自然保護と林業の発展に、富士ひのき御朱印帳でチャレンジする

富士山の自然保護と林業の発展に、富士ひのき御朱印帳でチャレンジする
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

30,000

目標金額 500,000円

支援者
4人
募集終了日
2024年7月8日

    https://readyfor.jp/projects/138680?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

 

 

 

▼自己紹介

 

プロジェクトリーダーの中野由紀夫と申します(東京都出身)

 

現在は、静岡県の東部 富士山の南麗に位置する、富士市に住んでいます。

 

 

現役時代は、静岡県の中堅住宅会社で、営業⇒営業所長⇒営業部長へと、

地道にキャリアを積み上げて来ました。

 

定年退職後(2011年)に、コンサル業(キャパサービス)を妻と共に立ち上げて、

販売促進、新規事業の立ち上げ、接客接遇指導、階層別社員研修、講演など、

住宅業界で培ったスキルを活用して、地元の中小企業等へのサポートを行ってきました。

現在では、企業の社員研修の仕事をメインとして活動しています。

 

座右の銘:人生万事塞翁が馬  趣味:スポーツ観戦/読書/孫に遊ばれること

 

 

 

🧡プロジェクトパートナー 中野詩子(静岡県静岡市清水区出身)

 

 

実家の新築工事がご縁となり、施工して頂いた住宅会社に入社しました。

所属は以前から興味の有った設計部に属し、住宅設計CADを使用して、

設計図面や、施工図面の作成、お客様との内装や設備の打ち合わせなどを

行っていました。

 

現在は、『富士ひのき御朱印帳』製作材料の仕入・製造下請け業者さんへの発注

・検品、その他販売管理を行うと共に、コンサル業での資料管理、パワーポイント作成、

経理業務など「縁の下の力持ち」的な、業務を行っています。

 

座右の銘:合縁奇縁  趣味:ブリザーブドフラワー作品制作🌺/旅行⛩️🚅

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

  ☘ 様々な人々との出逢いと、想い

 

🔷富士山の、南麗で育った桧で造られた『富士ひのき御朱印帳』

 

 

戦後の日本は、住宅の建築ラッシュで、林業は大変栄えたそうです。

しかし現在では、海外から安い建築材が大量に輸入されるなど、国産材の需要は瞬く間に急落して

しまいました。

 

戦後間もなく植林した桧や杉などの人口林は、林業従事者の高齢化や事業承継者不足と相まって、

山林の整備に手が回らずに荒廃林となり、日本全国に於いても手つかずの荒れた山林の割合が、

約70%前後存在すると言われています。

 

そこで、日本の象徴である富士山世界遺産登録を機に、富士山で育った桧をブランド化する

ことで、林業の衰退に歯止めを掛け 桧の需要を伸ばし、富士山の自然保護、地域の活性化へと

つながるのではないかと考え、民間(地域の販売店の方々)、行政(富士市・富士宮市ふるさと納税 

返礼品への登用)、社会福祉団体(B型就労支援 障がい者の皆さんによる製作支援)など、皆さんに

協力して頂き、無事 御朱印帳が完成しました.

 

 

 

 

富士宮市役所 世界文化遺産課職員、Fさんとの出逢い

 

富士宮市役所の世界遺産課が、有志ある市民や企業を集め、世界遺産に登録された「富士山」を護り、

国内や海外から訪れる登山者や観光客の人々に富士山を堪能して頂き、多くの人達に訪れて頂きたいと

官民共同の部会を発足し、Fさんのブルトーザーの様な、押しの強さに魅かれて、私共も同部会に参加

させて頂きました。

 

🗻富士宮市役所より、富士山を臨む🗻

 

担当のFさんや、Sさんには大変お世話になり「富士ひのき御朱印帳」の、

普及に尽力いただき、世界遺産の構成資産である、山宮浅間神社・村山浅間神社

などをご紹介頂きました。

両神社のオリジナルご朱印帳の注文を頂き、観光客の皆さんや神社巡りをされている

方々にも大変好評価を頂いています。

 

 

※富士市地域で伐採された桧(富士ひのき)合法木材販売証明書

※富士宮市 ふるさと納税の返礼品として、富士ひのき御朱印帳は採用されています。

※富士市 ふるさと納税の返礼品として、富士ひのき御朱印帳は採用されています。

 

 

富士市で林業を営んでいる高齢者Nさんとの出逢い

 

私は富士山の桧を知る為に是非、桧の山林を自分の目で見てみたいと思い

富士山で林業を営んでいる方を探し、早速ご自宅へお電話を差し上げまして

後日、お会いする約束を取り付けました。

 

ご自宅へ伺うと、年の頃なら80代半ばで、背筋がスッと伸びたダンディなご主人が

出ていらっしゃいました。

 

私の、富士桧への思いを語り、N様の苦労話や、富士桧の特性や歴史などをお聞きしていると

いつの間にか意気投合し、後日Nさん所有の富士山の麓にある、桧林を見学させて頂く事など

快く引き受けて頂きました。

 

📸山林の入り口から富士山の桧林へ続く、趣のある林道📸

 

📸当日はSBSテレビのニュース番組のスタッフにも、プロジェクトの

  内容に共感して頂き、取材をしていただく事となりました。

  撮影などの機材を肩に森の奥へ!📸

 

📸山林の経営者のNさんとTVのディレクター(手前がNさん)📸

 

📸Nさんの計らいで、当日職人さんを呼んで頂き、実際に桧の伐採風景

  を見せて頂きました📸

 

📸切り出された「富士ひのき」年輪の詰まった切り口が印象的です。

  職人さんが、チェーンソーで1本の桧を伐採した瞬間、辺り一面に

  桧の心地よい、癒しの香りが漂いました。📸

 

Nさんは、「富士ひのき」をとても愛していらして、他日にもお宅へお邪魔すると、

山(富士山)への想い!桧への想い!を1時間でも2時間でもお話しして頂けます。

 

Nさんの稼業は、幸いにも20代後半の体格の良い お孫さんが跡を継ぐことになっており、

日頃から山に入って、枝打ちや下草の整備、間伐作業など、逞しく働いていらっしゃいます。

 

Nさんと出会い、富士山の桧で御朱印帳を作りはじめたのが、約10年前です。

・・・実は、世界中にコロナ禍が蔓延している2年前の11月に、一通の喪中ハガキが届きました。

内容を確認すると、Nさんが亡くなり、年末年始のご挨拶は・・・とても悲しい知らせでした。

 

私は、Nさんの意思を継ぐためにも、富士山の桧を如何にして世の中に広めて行くか、改めて

挑戦」する気持ちに燃えたのでした。

 

 

今まで述べてきたように、富士ひのき御朱印帳は多くの方々の出逢いと、ご協力によりこの世に

誕生しました。

 

発売当初は、富士山のヒノキで作られた御朱印帳は瞬く間に売り上げが伸び、生産が間に合わない

日々が続きましたが、コロナ禍の約3年の間に広告やポップも出せず、世の中イベントを行う風潮でも

無く、じっーと我慢の3年間を耐えてきました。

 

やっとコロナ禍が開けた後は、大手の御朱印帳製作企業が起死回生を狙い、新たなデザインのご朱印帳を

販売し、資金力に物を言わせ、告知や宣伝にと勝負に打って出ました。

 

私どもは、コロナ禍が収束した後も悪戦苦闘し「様々な人達との出逢いと、ご協力」の、お陰でスタート

した「富士山の自然を護り、林業に携わる産業の繁栄と地域の活性化」との旗頭を下す危機にまで逼迫

しました。

 

そこで、富士山に愛着を持って頂いている方々、富士山で育ったヒノキで作られた御朱印帳に興味のある

方々にご支援を頂いて、富士ひのき御朱印帳は元より、富士ひのきで作られた新規製品を産み出したり、

まだまだ、認知されていない富士山周辺地域の新規販売店の開拓をおこなったり、行動を強化していく

所存です。どうぞ、どうか、ご支援を宜しくお願い致します。

 

 

 

 何故!富士山の桧で御朱印帳を作ろうと思ったのか 

 

 

2012年、富士山の世界遺産登録も間近となった頃、富士山の桧をブランディングを行うに当たり、

多くの人々に手にして貰い、大切に使って貰える商品」と言うコンセプトの元、試行錯誤を繰り返し

商品開発のアイデアを日々考えていました。

 

御朱印ガールの出現

富士山の桧を建築用の材として使用するのは、もう何十年も前から地元桧組合の皆さんが考えて苦心

されたとのこと・・・と、ある日、TVのニュース番組で、さる有名な神社でご朱印を頂いている場面が写しだされ、更に御朱印を頂く人々の列が何十人と連なり、その半分くらいの人々が若い女性でした。

後で解ったことですが、若い女性が可愛らしいデザインのご朱印帳を持参して、有名な神社仏閣を巡り、御朱印を頂く御朱印ガールなる「流行り言葉」が広がるなど、世間では爆発的な御朱印ブームが始まっていました。

 

そこで、「御朱印とは何ぞや」・・・様々な文献を読み、ネットでググっては???

 

<日本を代表する、霊験あらたかな富士山><御朱印ブーム><富士山世界遺産登録><綺麗な布のご朱印帳><神社仏閣><日本の歴史><誰もが作ったことのない木のご朱印帳>・・・様々なキーワードが頭を駆け回り日本の山岳信仰の「巓」(いただき)である、富士山で育った桧を使用した御朱印帳は・・・どうだろうか?

と、ひらめき💡、高揚した気持ちを抑えながら、試作の作成を試みはじめました。

 

                     

 foto :富士ひのきの御朱印帳に金の奉書を施した「黄金富士御朱印帳(こがねふじご朱印帳)」

    

 

 <ご朱印を頂く奉書の部分は鮮やかな金色> 富士市妙冨山法蔵寺住職書の豪華絢爛なご朱印

 

 

試作品の作成の段階から、板の厚みや、手仕事で行う仕上げの研磨など、紆余曲折があり

コストの関係から、障がい者就労支援B型事業所さんにお願いしました。

 

日本中の数ある御朱印帳の中で、富士山の桧を使った霊験あらたかな「御朱印帳」として

スピリチュアルなご朱印帳を世に出し、一人でも多くのお客様に手にして頂き、富士山の恵を

皆様に享受して頂きたいと思います。

 

 

<商標登録 商品>

私共は、富士ひのき御朱印帳が完成してから直ぐに、商標登録を行うため弁理士さんには依頼せず、

自分達だけで申請作業を行い2016年2月5日に無事登録となりました。

 

💡「富士ひのき御朱印帳」商標登録証💡

 

発売当初は、私共のご朱印帳を木工所などに持ち込んで、「これと同じ物を作って下さい」

と、他業者からの依頼が数件有ったそうなのですが、先ず桧の加工の前に、湿気や乾燥による変形対策、

デザインを損ねず美しいフォルムを保つための加工手法など、第一段階からつまずいてしまう業者が居て、

加工や研磨作業の工程へ進む前に匙(さじ)を投げるそうです。

 

商標登録⇒認証により、「富士ひのき御朱印帳」の名称を使用出来ない為、現在コピー商品は皆無と

なりました。

 

 

 

 

約3年に及ぶコロナ禍の影響で、売り上げや利益が激減し、地域おこしには殆ど

寄与していないのが現状であり、今後は下記の重要課題に取り組み、実現する

事で、2019年度売上の70~80%まで売り上げを回復させ、2025年度には過去

最高の売り上げを達成して地域社会への貢献や、今後の富士山麗の山林の存在を

憂いて亡くなった、Nさんの想いに応えたいと思っています。

 

 

  1. 山梨県内の浅間神社及び、富士急ハイランドなどの新規開拓。
  2. 直接販売への参入を行い、売り上げと粗利率の確保。
  3. 現在の商品ラインナップの数を増やす。(新商品の開発)
  4. 生産拠点を確保し、安定供給に努める。
  5. ホームページをリニューアルして、新たな顧客の発掘

など、今後の施策と考えています。

 

                       以上、ご支援の程お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
中野 由紀夫
プロジェクト実施完了日:
2024年8月10日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

今まで行っていなかった自社の「直販」方式を開始します。その告知方法として、旧来のホームページを一新して、新たな「アニメ動画」を用いて訴求効果を高めたいとおもぅています。アニメ動画は、販促に特化したアニメライターさんがいて、トータル10分ほどのアニメ動画を製作する費用として20~30万円の費用が必要となります。 また、新規販売店開拓に於いては富士五湖、及び山梨県側からの富士山登山道周辺の新規開拓を行いたいと思っています。 見本やチラシの作成費用、及び交通費(ガソリン代等)の費用として約10万円の予算を見込んでいます。 あとは新製品開発のとして、御朱印帳以外の商品のサンプルを「富士ひのき」で考えたいと思っています。「調理用のまな板」「子供用の積み木」 等。これらサンプル試作料として5~10万円の予算を見ています。 上記の施策は私と妻2人で行う予定です。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は、自己資金で賄います。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/138680?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/138680?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

リターン

5,000+システム利用料


ご支援ありがとうございます『霊峰富士ひのき御朱印帳1冊』+『ビニールカバー』

ご支援ありがとうございます『霊峰富士ひのき御朱印帳1冊』+『ビニールカバー』

富士山で育った桧を表紙に加工し、一つひとつ手作りで丁寧に作られた『霊峰富士ひのき御朱印帳』と、富士ひのき御朱印帳のサイズにい合わせて作られたオリジナルビニールカバー1枚を、お付けしてお送りします。

#霊峰富士ひのき御朱印帳は、弊社が発注製造しているので、個数 に関しては、リターンの状況を見ながら追加することが可能です。

支援者
2人
在庫数
48
発送完了予定月
2024年8月

10,000+システム利用料


ご支援ありがとうございます『霊峰富士ひのき御朱印帳』1冊+『御朱印帳入れ』1袋+『ビニールカバー1枚の3点セット』

ご支援ありがとうございます『霊峰富士ひのき御朱印帳』1冊+『御朱印帳入れ』1袋+『ビニールカバー1枚の3点セット』

5000円のリターンに、御朱印帳を入れる綿生地の袋が付きます。この袋は富士ひのき御朱印帳が2冊入る幅で設計されており、こちらも一つひとつ丁寧に手作りされたオリジナル商品です。
背中にはポケットも付いていて、カタログや拝観券などを入れる事が出来ます。

#尚、御朱印帳入れは、「紫」「黒」「朱」の3色があり、この3点セットで、ご支援頂ける方はお好きな色が選べますので、必ず『色』の指定をお願い致します。

こちらも我社の既存のオリジナル商品なので、在庫数以外でもリターンのご支援数を勘案しながら追加製作することが出来ます。

支援者
2人
在庫数
48
発送完了予定月
2024年8月

20,000+システム利用料


ご支援ありがとうございます。リターンの霊峰富士ひのき御朱印2セット

ご支援ありがとうございます。リターンの霊峰富士ひのき御朱印2セット

リターンのご支援ありがとうございます。
【10000円のリターンセットを、2セットお届けします】
御朱印入れは「紫」「黒」「朱」の3色ございますので。こちらのリターンをお選びの御支援者様には必ず 『2種類の色指定、又は同色2枚』との指定をお願い致します。

支援者
0人
在庫数
50
発送完了予定月
2024年8月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る