こんにちは、カタリバ広報担当の本村です。

 

今日から2月。日本各地と同様、熊本でも入試がスタートしました。

ましき夢創塾の生徒の多くは、3月7日からの後期入試が本番ですが、

中学3年生は受験モード一色です。

 

 

そんな2月1日、オルタナSにましき夢創塾の生徒や、

ましき夢創塾の活動が紹介されました。

ぜひご覧ください。

 

 

記事の中で紹介されている駿くん(仮名)は、このように語っています。

”勉強は嫌いで…、受験勉強は本当に辛いです。

今それでも頑張れるのは、第一志望の高校に行きたいし、

落ちたときは後悔すると思うから。

 

”仮設の部屋に帰っても勉強をやらないといけない、

そう思っても、部屋は暗くて、ドアがなくて、

隣の部屋からテレビの音も聞こえる…。

両親は、寒くないようにこたつを買ってきてくれて、

弟もできるだけ僕の邪魔にならないように、協力してくれます。”

 

今は、夢創塾が楽しい。

教えてもらって解き方がわかることが嬉しい。

(記事全文はこちら)

 

ましき夢創塾に通う中学3年生の受験はスタートしたばかりです。

最後まで子どもたちが全力で走り抜くことができるよう、

熊本のメンバーも万全のサポート体制です。

子どもたちへの温かい応援を、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

新着情報一覧へ