理解されない障がい者と生活困窮者のカフェ
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月26日(日)午後11:00までです。

支援総額

0

目標金額 3,500,000円

0%
支援者
0人
残り
7日

最初の支援者になりませんか?

目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月26日(日)午後11:00までです。

    https://readyfor.jp/projects/140447?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

 

 

初めまして、私自身も発達障がいがあり、生活困窮に陥り、首が回らない状態になりました。現在は実家ぐらしをしております。わたしの障がいも周りから見れば普通に見える為、苦しみに気づいてもらえません。家の中は物で溢れる、仕事は長続きしない。だからこそ自分が中心に立ち、責任逃れ出来ない環境を作るのと、同じ様な悩みを抱えた人やひとり親で生活困窮に陥ってる方が安心して寛げるカフェをしたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

私自身が転職を繰り返したりと、障がいのせいで生活困窮に陥りました。また離婚もしており父子家庭になった事で、さらに拍車がかかりました。昔から対人関係が苦手で誰にも相談できずに一人で抱えてました。障がいに気付いたのも35歳になった時でした。自分の家族は障がいに理解が乏しく障がいがわかった今も困ったことがあっても相談することができずに福祉鵜サービスを利用しています。私のように生活困窮に陥り誰にも相談できずに苦しんでる方が、自分の思いを打ち明けられる場所を提供したいと思い立ち上げる予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

タイトル: 生活困窮者支援のためのコミュニティーカフェを大阪の平野区にオープン予定!皆様の温かい支援をお願いします!私は、生活困窮者の支援を目指し、地域のコミュニティーカフェをオープンすることに決定しました。このカフェでは、美味しいコーヒーや軽食を提供するだけでなく、地域の人々が集まって安心して過ごせる場所を目指しています。私のカフェは、生活困窮者の方々に特別な支援を提供します。暖かい食事、清潔なトイレ、リラックスできるスペース、さらには仕事を見つけるための情報提供や支援も行います。彼らが尊厳を持って暮らせる場所を作ることが私の目標です。しかし、このプロジェクトを成功させるには、皆様のご支援が不可欠です。カフェの設備や食材の購入、生活困窮者支援プログラムの運営費など、さまざまな面で資金が必要です。皆様の寄付は、生活困窮者の方々がより良い生活を送る手助けになります。どんなに小さな額でも、大きな意味を持ちます。ぜひ、私のプロジェクトにご興味を持っていただければ幸いです。ご支援いただいた方には、以下のリワードをご用意しています!    •    500円以上の寄付:カフェでの無料コーヒー1杯    •    1000円以上の寄付:カフェでの無料軽食セット    •    3000円以上の寄付:1か月コーヒー無料券(6ヶ月内)、生活困窮者支援のためのカフェを一緒に作り上げましょう。皆様のご支援、心から感謝申し上げます。

2024年7月末までに食品衛生責任者取得予定。

2024年10月末までに物件取得予定それと同時に飲食営業許可取得予定とコーヒーマシンと焙煎機、コーヒー豆の仕入れ開始。2025年1月営業開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 

 

まずは生活困窮者の為のカフェを立ち上げ、軌道に乗れば働く事が困難な方を受け入れる体制を整え、福祉と飲食で社会に貢献出来るようにしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
片山亮
プロジェクト実施完了日:
2025年1月6日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

食品衛星責任者の取得と、物件の初期費用役60万、焙煎機役10〜20万 珈琲マシン5万 運転資金3ヶ月200万 ホームページ関係10万

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上で必要になる資格や許認可について
プロジェクト実施の為、食品衛生責任者の資格が必須です。 2024年7月に取得予定。飲食店営業許可と物件は10月に取得予定
プロジェクトを実施する上でのリスクについて
物件に関しては、現在、調査中。 障がいがある人も来やすい所にしたい為、内見に赴いてる

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/140447?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/140447?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る