プロジェクト概要

ご支援いただいた皆さまへ

 

たくさんの方にご支援をいただき、目標金額を達成することができました。心よりお礼申しげます。ありがとうございました。

 

クラウドファンディングをはじめるにあたり、正直不安な気持ちもありました。それでも、多くの方に応援やご支援をいただき、私たちのしてきた活動の必要性を再認識すると共に、1つ1つのご支援の重みに身の引き締まる思いです。

 

そこで、私たちの思いをもっとたくさんの人たちに届けたという思いから、残りの期間で支援者人数を100人を目指し、ネクストゴールに挑戦したいと考えています。目標金額は、120万円に設定をさせていただきます。

 

いただいたご支援は、「コミュニケーション研修」「認知症研修」などの追加研修を行うための費用、ユニホーム作成費用として大切に活用させていただきます。

 

プロフェッショナルケアラーズを育成し、ひとりでも多くの人が幸せな生活を送れるよう、これまで以上に努力してまいりますので、引き続き応援・ご支援をお願いいたします。
 

2018年2月27日 高村奈津代

 

 

私たちは、プロフェッショナル CARERS(ケアラーズ)を目指します

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

プロフェッショナルケアラーズとは、

人格

プレゼン力(伝える力)

知識、技術

を持ち合わせた人のことを指します。

 

中でも一番大切なのは「人格」です。

人と人とが関わる場であるからこそ

「人として尊敬できる人であること」が必要なのです。

 

人が人を支えていくための仕組みを作り、安心して働き、過ごせる地域づくりに貢献してきたい。


ページをご覧いただきありがとうございます。有限会社高村の高村奈津代と申します。

 

私は人の幸せは、人生を終えるときに、「幸せだったな」と思えることだ思っています。だからこの大切な時間に関わっていきたいと思い、介護事業をはじめることにしました。

 

 

現在、島根県で調剤薬局3店舗、老人ホーム、デイサービスなどの介護事業、訪問美容事業を運営しています。

 

その中で、障がいを持つ人やお年寄りなど、みんなが安心して暮らしていくためには、それを支える「人」を育てていくことが必要だと感じています。

 

そのための取り組みの1つとして、在宅介護に関する講演会を開催したいと考えています。皆さまの応援・ご支援をお願いいたします。

 

 

家で暮らしたい人が暮らしつづけられない原因のひとつに、それを担う人材が不足していることがあげられます。

 

「我が家で暮らしたい、暮らし続けたい」と思っている方が多く居らっしゃいます。しかし、いざそういう選択が必要となったとき、施設に入るという選択をする方が多いのが現状です。

 

その原因として、2つのことがあげられます。

 

1つ目は、在宅での介護をサポートできる人が不足していることです。

 

私は、介護・福祉の仕事はとてもやりがいを感じることのできる素敵な職業だと感じています。しかし、社会的ステータスが決して高くはないのも事実です。仕組み上、給与があまり高くなかったり、福利厚生も十分ではない場合も多くあります。

 

豊富な知識に経験、質の高い技術が求められる仕事のため、教育に力を入れていく必要があるのですが、限られたれた資金のなかでは教育に多くを費やすことが難しいのです。

 

 

2つ目に、在宅での介護に対する情報が少ない事があげられます。

 

もしもの時、誰に何を相談したらいいのか、どんなサポートを受けられるのかという情報がきちんと伝えられていません。そのため、どうやって暮らしていくかを考えられず、施設に入ることを選択する方が多いのです。

 

 

家で暮らしたい人が暮らせるように。「どうしたら暮らしていけるか」を一緒に考えていくプロフェッショナルケアラーを育成していきます。

 

これらを解決するためには、専門職を育成し、いつでも相談できる安心感を作りだしていくこと、そして必要とされている情報を発信していくことの2つが大切だと考えています。

 

この取り組みの1つとして、講演会を開催します。講師をお迎えし、家族を支える家族向け、介護職に関わる人向けの2部構成を予定しております。

 

<家族を支える家族向け講演会>

在宅で介護をしていくために必要な情報・知識をお伝えし、在宅介護に対する不安感を解消していきます。さらに、在宅を支援するデイサービスや訪問などの事業所のコンペディションを行い、内容やそこで働く人が見えるような、プレゼンテーション大会なども行います。

 

「私たちにもでもできる」という安心感を持っていただきたいと思っております。

 

<介護職向け研修>

楽技介護という、「その人が本来持っている力」を使う介護の技術を学んでいきます。これは、介護する側は余計な力を使わず、介護される側は自分の持っている力を有効に使うことで、自分でできることを広げていくという考え方です。

 

例えば、家族が楽技介護を学び、お風呂は機械浴を使わず、「人が本来持っている力」で無理なくお風呂に入れるように介助できるようになれば、安心して介護ができるようになります。

 

このような技術を家族に指導し、安心して自宅で介護ができるような環境を作っていくために、まずはケアラーズたちが、この技術を習得していくための研修です。


今回講師を務めてくださる青山さんは、NHKのワンポイント介護にも出演されいる、人を魅了するオーラがある方です。

 

この研修を通して、プロフェッショナルとして必要な技術、そして人としてどうあるべきかを学んでほしいと思います。今後コミュニケーションスキルなどを学べるような様々な研修を加えていきたいと考えています。


開催日時:4月13日(地域向け)14日(専門職向け)

     7月13日、(地域向け)14日(専門職向け)

     10月12日(地域向け)13日(専門職向け)

開催場所:医師会病院 、浜田市内

参加可能人数:50人(1回開催につき)

講師:ケアプロデュース RX組 青山幸広

 

▶講演会に関しては、私の経営の師である 盛和塾塾長 稲盛和夫 氏 にも主旨に賛同とご了解をいただいております。

 

 

地域と共に考えていける安心できる在宅介護のできる地域づくり

 

今、厳しい環境で一生懸命働いている人たちに、よりよい環境を提供し、育てていくことは、この仕事に夢を与え、さらに素晴らしい人材を育成していくことにつながっていくと思います。

 

利用者さんにとって安心して相談できるスタッフを育成し、在宅介護をする家族が在宅介護を安心して利用できる環境を整えていきます。

 

 

私自身が人に育てられ、人に教えられ、人に支えられて今の自分自身があります。だからこそ、人は人との関係性の中で、育っていくものだと思っています。

 

私に出来ることは小さなことですが、誰もが「幸せだな」と思える地域づくりに貢献できるよう、これからも日々努力していきます。

 

どうか皆さまの応援・ご支援をお願いいたします。

 

■資金使途■

いただいた支援金は、公演会開催に必要な会場費、設備費、講師への謝礼、その他研修費用等の一部として大切に活用させていただきます。

 

 

 


最新の新着情報