一昨日、夢宙センターでクラウドファウンデングの説明会ということで、なぜ私はアメリカへ行くことになり、何を向こうで学んできて、日本をどのように変えていきたいのか?

 そして、なぜ、クラウドファウンデングをしているのかを夢宙に来てくださった100人を超える仲間たちの前で説明をしました。

 

 ダスキンのアドバイザーとして尾上さん、グレースアメリカ派遣プロジェクト事務局長として社長の方から、そして、ダスキン愛の輪の代表まで応援演説していただき、より、皆さんの心に、クラウドの重要性が伝わってくれたのではないか…と思っております。

 

 本当に、こういう仲間がピンチと声をかけた時に、パッと集まってくださる自立生活センターの仲間達、「メインストリーム」、「あるる」、「いこらー」、「リアライズ」、「ぱあとなぁ」、「ちゅうぶ」、「ムーブメント」、のメンバーを見ながら、こんな風に仲間のことを自分のことのように一生懸命考えてくれる人達だから、障害者運動も「より重度の人が・・・・より過酷な状況の人のために」と最前線で闘ってこれたのだとヒシヒシと感じました。

 

 そして、そのうちの3団体はクラウドの15万のスポンサーコースをしてくださるということで、説明会終わった後に車椅子にロゴステッカーを貼りました!

 

 

改めて、こんなにたくさんの目に見える仲間が応援してくれていて、それ以外にもその人の繋がりで、もっとたくさんの人が応援してくださっていると思うと本当に感謝の言葉しか出てきません。

 

 まだ、ロゴスポンサーの金額が入金されていないため、見た目では、クラウドが一気に増えた感じはしませんが、私は1人じゃないから・・・。きっと、目標に達することができると確信を持てた日でした。

 

 本当に日頃から、そして、先日、説明会に来てくださったお1人お1人に感謝申し上げます。

新着情報一覧へ