イベント「織」プロジェクトへのご支援者に~終了報告~

こんにちは、寺子屋再生プロジェクト代表の石橋です。
3/29・30に行ったイベント「織」の雰囲気をお伝えします。

終了報告が遅くなり、申し訳ありませんでした。

 


イベントは大盛況に終わりました。

会場の展示スペースには、2日間通して来場者が途絶えることなく、ライブスペースは満員になりました。200人弱の来場者と、その内100人以上の方にライブに参加していただきました。

 

超専寺の檀家の方は、

「これからもこんな催し物をしてもらえると、超専寺を知ってもらえてとても助かります。」

という感想や、今までご縁がなかった方も、

「お寺というのはとても敷居が高く感じていたけども、そんなことはなかった。これからもこんなイベントをやって欲しい。」

といったお寺への思いが変わったという意見も多数寄せられました。

 

田舎ではあまり海外の雰囲気を感じることが少ない中、マーシャル諸島の手工芸品や各国の民謡を五感で感じるライブはとても新鮮さを感じてもらえたようです。

 

AMIMONOを展示していた大川さんには、来場者へのAMIMONOの説明と販売をしていただきました。

説明の話は弾み、多くのAMIMONOが販売出来ました。

しかし、大川さんにとって来場者との交流が一番の楽しかったそうです。

大朝には、手芸などをする方が多く、来場者と共感しやすい手芸などの話でとても盛り上がっておりました。


ライブを盛り上げてくれたウーマン・オブ・ザ・ワールドの方々には、いつもとは違う本尊(仏様)を背にする小さなライブ会場は新鮮さがあり、喜んでもらえたようです。

参加者とはとても距離が近く、子ども達とようかい体操を踊って盛り上がっていました。

その他にも、お寺でお経を聞いてもらったり、田舎料理を食べてもらったりと田舎を楽しんでもらえたようです。

 

もう一つ嬉しかったこととして、新たな繋がりが出来たことです。
今回のイベントはいくつかの新聞に取り上げてもらいました。

その記事を見て、多くの来場者に来ていただきました。

それ以外にも、他のイベントをされている方からも連絡があり、「とても応援したいイベントです。今後何かしらご一緒できる機会があれば…」と新たなご縁が生まれました。

今後も寺子屋再生プロジェクトを続け、どなたかのお力になればと思います。

この度はご支援いただき、誠にありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。


寺子屋再生プロジェクト 代表 石橋晃倫

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています