クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

2000人分の野菜を被災者などに届けたい~オーガニックサンタ

佐竹鑑(NPO法人みつばちFARM)

佐竹鑑(NPO法人みつばちFARM)

2000人分の野菜を被災者などに届けたい~オーガニックサンタ
支援総額
175,000

目標 300,000円

支援者
20人
残り
終了しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2014年06月09日 08:03

被災者保養キャンプの講演会に

夏休みに実施される、福島の子どもたち向けの

保養キャンプの講演会に行ってきました。

私たちの目標は、有機野菜をお届けすることなのですが、福島の現状について

聞いてきたことを、少しだけお伝えさせてください。

 

 

 

この日は、福島で子どもの立場からみた放射能マップの作成などの

活動をされている方をお招きして、福島の様子や現状を教えていただきました。

報道では伝わらない、現場の声を聞く事が出来て非常に貴重な経験となりました。

 

確かに事故から3年以上がたち、物質によっては減っているものもあるそうですが、

それでも、街中のいたるところに放射能があるのが現実です。

 

また、今回の講演で一番ショックだったのは

放射能測定は、地上100cmでおこなうことが多いそうなのですが

その理由です。それは、放射能が生殖器への影響が大きいから。

 

講演されていた方もおっしゃっていたのですが、これには疑問があると。

生殖器に影響があるから100cm。それは分かりますと。

ただ、影響をもっと受けやすい子どもたちの生殖器の位置はもっと下です。

しかも、下に行くほど数値は高い傾向があると。

 

なのに、安全基準は大人の基準。

 

福島で暮らして行くことを決めた以上、怖がってばかりもいられない

ただ、同じ公園の中でも地面が土なのか、アスファルトなのか、レンガなのかで

放射能の数値は大きく異なる。また雨の溜まりやすい場所や

風が溜まり込む場所も高くなる傾向があるそうです。

 

こういったことを、しっかり子どもたちに教えて行くことで

すこしでも影響を減らして行きたいとおっしゃっていました。

 

 

今回、被災地で活動されている方と直接お話し出来たので

関西圏での保養キャンプ以外にも、私たちに出来る事が増えそうです。

私たちは有機野菜の提供を通じで、こういった活動を応援したいと思います。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・サンクスレター
・オリジナルバッジ
・ウエブへの名前掲載(希望される方のみ)

支援者
13人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・サンクスレター
・オリジナルバッジ
・ウエブへの名前掲載(希望される方のみ)
・乾燥野菜のセット(被災地支援などに提供予定のものです)

支援者
6人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

・サンクスレター
・オリジナルバッジ
・ウエブへの名前掲載(希望される方のみ)
・乾燥野菜のセット(被災地支援などに提供予定のものです)
・人参ジュース<赤いジュース、黄色いジュース各1本>(連携している丹波の有機農家の人参ジュース)

支援者
2人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする