今日は、ボランティアに申し込んで下さった方向けに説明会を開催しました。

日曜の夜というのに、これだけの方が集まって下さって本当に感謝です。

 

 

ハピスポひろばは、障がいのある無しや年齢に関係無く、同じものを見て同じ事を感じ、笑い、お互いを感じあい、人と人とのつながりの大切さを再確認しようというイベントです。

そのため、いつも障がいをお持ちの方が大勢いらっしゃいます。

その点は、普通のイベントと違うところです。私たちも、障がいをお持ちの方がいらっしゃる都度、色々な勉強をさせてもらっています。

今日も、体が自由に動かない車椅子の青年が一人、参加してくれました。
当日、彼は、会場の入り口で入場者の数を数えていてくれます。
今日は説明会で絶妙なギャグを連発し、みんなの笑いを誘っていました。

Happy Spot Clubは、専門的な知識や技能を持った団体ではありません。資金力があるわけでもありません(あったらREADYFORをやってない..)
ハピスポにあるのはただ1つ、こうした人と人とのつながりです。

そして、それが実はもっとも大切な事なんだと改めて思い知らされた説明会でした。

新着情報一覧へ