READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

西アフリカはマリの伝統手織物BOGOLANを日本に普及したい!

Japan Royal Group

Japan Royal Group

西アフリカはマリの伝統手織物BOGOLANを日本に普及したい!

支援総額

54,780

目標金額 50,000円

支援者
4人
募集終了日
2021年1月21日
4人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録
2人がお気に入りしています

2お気に入り登録
2人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

 はじめまして。Japan Royal Groupで代表を務めております、理学療法士の森上 満輝と申します。弊社は創業以来、お客様に心満たされた豊かな人生を送って欲しいという願いから活動して参りました。現在、横浜市を中心に通信販売を行っておりまして、医療機器や介護福祉用品を国内の皆様にご提供させて頂いております。また、生産者の生活や健康、自然の保護を目的としたフェアトレードを大切にし、アジア・アフリカ・ラテンアメリカのお品もご提供させて頂いております。​

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 大学時代にハワイ大学に留学した経験があり、日本や欧米とは異なる文化圏の方々と交流し、その国の伝統手織物に触れることで言葉を超えて人々の暮らしや考え方、想いを感じることができました。

 今回、マリ共和国の伝統手織物BOGOLANを直輸入している台湾の企業と連携することができました!アフリカは日本から地理的に非常に遠いですが、コンクリートに囲まれた日本とは対照的に、豊かな大地が残っているマリ共和国で誕生したBOGOLANを日本に普及したいという想いからこのプロジェクトを立ち上げました。どうぞ皆様、BOGOLANの歴史に触れて頂き、楽しんで頂けたら大変嬉しく思います。

 

▼プロジェクトの内容

2020年に上陸したばかりの西アフリカはマリ共和国の職人による伝統手織物クッションBOGOLANREADYFOR限定で先行販売させて頂きます。

 

 

 BOGOLANのエスニックなデザインと肌触りは世界的には徐々に知られてきていますが、日本では未だそれ程認知されていません。現在、クッションや枕、テーブルクロス、ペンダント、バッグなどに取り入れられ、原始的でオーガニックな独特のスタイルが確立されようとしています。

 

 

写真/BOGOLANは様々なユニークなスタイルでインテリアになっています

引用/African Creative

 

 BOGOLANは近年、マリのファッションデザイナーにより紹介され、オバマが米国で最初のアフリカ系アメリカ人大統領になったこともあり、アフリカンアートが注目を集めつつあります。

写真/BOGOLANのコートを着てスピーチするオバマ前アメリカ大統領夫人のミシェル・オバマ

出典/Pinterest

 

 伝統的なアフリカンアートとファッションデザインが化学反応を起こし、世界的なトレンドを巻き起こすなかで、世界の高級ファッションデザイナーやファッション雑誌ではBOGOLANの伝統模様を頻繁に目にするようになりました。

写真/若いジェネレーションもBOGOLANの芸術性に魅入られ熱狂的に収集しています

出典/ Fashion GHANA

 

画像:BOGOLANができるまでの工程

工程1.撚糸:綿を手で捻って糸にした後、伝統的な織り機で幅15 cmの綿布を作ります。ほとんどのBOGOLANは小さなストリップから継ぎ合わせられています。

 

工程2.泥染め:染料として掘り出された泥は数ヶ月から1年間発酵させます。

 

工程3.ベースの染色:西アフリカ原産の落葉樹と低木を1日中水に浸すか、数分間煮た後、絞り出すことでタンニン酸を豊富に含んだ染料ができます。生地を染料に浸すことで濃い黄色に染まります。この重要なステップを経ることで、後で他の染料を組み合わせることができます。

 

工程4.ライティング:特性のスティックを使用して、泥でペイントと着色を行います。乾燥後、泥が染まっている場所は明るい灰色に変わりますので、水で洗って余分な泥を取り除きます。 これを2〜3回繰り返して灰色のテクスチャを濃くしていきます。

 

工程5.染色の組み合わせ:異なる染料を組み合わせて他の色を組み合わせていきます。泥染めのプロセス全体を完了するには数週間もかかります。

 

 

 BOGOLANはマリのバンバラ人によって開発されました。その歴史は12世紀に始まり800年以上にわたって受け継がれています。アイデンティティを守り、オリジナルな生活を送るために重要なアイテムです。ハンターにとっては自然とのつながりと敬意を表し、チャレンジする勇気になります。女性にとっては特別な機会や出産、結婚などのセレモニーに用いられます。

写真/BOGOLANに身を包んだバンバラハンターと女性

出典/ Wall Street International Magazine

 

 BOGOLANは伝統的には女性によって作られ、母親から娘に教えられ、娘と一緒に撚(よ)り、織り、染色が行われます。近年は欧米の市場でBOGOLANの需要が大幅に増加し、多くの若い男性が生産に参加するようになり、豊かなダイバーシティを達成しつつあります。

写真/今では男性もBOGOLANを作る過程に関わっています

ソース/ The Africa Fabric

 

 バンバラ人の人口は約1000万人でマリで最大の民族です。家族の団結を非常に大事にしています。村の人々はほとんどが親戚でお互いを助け合っています。西アフリカの他の民族と比較して、家ははるかに大きく、なんと60人が住んでいます!!!

写真/バンバラの人々の家庭生活

出典/ Swiatoslaw Wojtkowiak

 

 現在、マリは南はサバンナ、北はサハラ砂漠の中央まで広がっています。マリ南部の気候は温暖で湿度が高いので、BOGOLANの開発にはもってこいでした。最も急速にBOGOLANが発展したきっかけは、マリ帝国の存在でした。では、そのマリ帝国のショートストーリーをお楽しみ下さい!!!

 

 マリ帝国は、アフリカ史上最も繁栄した王朝の1つで、サハラ砂漠南西部と沿岸部を占め、現在の7か国にまたがっていた超ビッグな帝国でした。帝国の西側は、海に面していますよね。その強みを活かして、海を渡って砂漠を迂回することができたのです!砂漠を通らずに北アフリカに行けることで貿易関係を独占できた訳です。塩を売って得たお金や徴収した税金でゴールドも採掘できるとなると最早無敵ですね!その蓄えた財力でBOGOLANの発展が進み、品質・デザインとも最高レベルに達しました!

写真/全盛期のマリ帝国と現在のマリ共和国

 

絵/マリ帝国の皇帝

出典/ LISAPO YA KAMA

 

 マリ帝国は17世紀に分裂し、その後数百年にわたりフランス人によって植民地化されました。しかし、マリの人達は自分達の文化を捨てることはありません。第二次世界大戦後に巻き起こった民族自決の波を背景に1960年代に正式に独立し、現在のマリ共和国となりました!マリ共和国には20以上の民族グループがあります。勿論、その最大のグループはBOGOLANを開発したバンバラ族なのです!

 

 ここでクイズです!下のAからIの伝統模様は何を表しているでしょうか?模様の下から選んでみて下さいね!答えはすぐ後にあります!

 

 

現地職人による手織り・手染めのため数量限定販売となります。どうぞお早めに!

 

<リターン特典一覧>

 

<カラーバリエーション>

 現地マリで最も伝統的でポピュラーな5色を選択しました。ブラックとホワイト、ブラウン、ミックス、ストライプの色を選択できます。クイズに出てきた模様を見付けることができましたか?楽しんで下さいね!

 

<サイズ・素材>

クッション全体のサイズは縦42cm×横42cm×奥行16cmです。

素材は両面とも天然コットンで、表面がBOGOLANです。

クッションはBOGOLANを用いたインテリアの中で最もポピュラーな製品です!

 

 伝統的な染色方法のため、BOGOLANは洗浄するたびに変色する場合があります。誤って汚れが付いた場合は、湿らせた布で拭いてください。クリーニングが必要な場合は、個別にドライクリーニングすることをお勧めします。水に浸したり洗濯機で洗わないで下さい。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 今回のプロジェクトで頂いた支援金は、今後BOGOLANを日本に普及させるための新たな仕入れやプロモーション活動に活用させて頂きます。今後もBOGOLANを始めとする、アジア・アフリカ・ラテンアメリカのハンドメイドのお品をご紹介させて頂きたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します!
 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

Japan Royal Group

Japan Royal Group

はじめまして。Japan Royal Groupで代表を務めております、理学療法士の森上 満輝と申します。弊社は創業以来、お客様に心満たされた豊かな人生を送って欲しいという願いから活動して参りました。現在、横浜市を中心に通信販売を行っておりまして、医療機器や介護福祉用品を国内の皆様にご提供させて頂いております。また、生産者の生活や健康、自然の保護を目的としたフェアトレードを大切にし、アジア・アフリカ・ラテンアメリカのお品もご提供させて頂いております。この度、西アフリカはマリ共和国の伝統手織物BOGOLANを日本へ普及させたい、という想いからプロジェクトを立ち上げました。日本でBOGOLANの認知度が上がり、国際協力としてマリ共和国の皆様へのご支援に繋がることを​目的としています。共感頂いた方はご支援頂けますと大変嬉しく思います。どうぞ宜しくお願い致します。

リターン

4,980

BOGOLAN製クッション(ブラック)×1個

BOGOLAN製クッション(ブラック)×1個

ブラック×1個
内容:クッションカバーと内蔵のクッション

支援者
2人
在庫数
12
発送予定
2021年1月

4,980

BOGOLAN製クッション(ホワイト)×1個

BOGOLAN製クッション(ホワイト)×1個

ホワイト×1個
内容:クッションカバーと内蔵のクッション

支援者
2人
在庫数
14
発送予定
2021年1月

4,980

BOGOLAN製クッション(ブラウン)×1個

BOGOLAN製クッション(ブラウン)×1個

ブラウン×1個
内容:クッションカバーと内蔵のクッション

支援者
2人
在庫数
13
発送予定
2021年1月

4,980

BOGOLAN製クッション(ミックス)×1個

BOGOLAN製クッション(ミックス)×1個

ミックス×1個
内容:クッションカバーと内蔵のクッション

支援者
3人
在庫数
8
発送予定
2021年1月

4,980

BOGOLAN製クッション(ストライプ)×1個

BOGOLAN製クッション(ストライプ)×1個

ストライプ×1個
内容:クッションカバーと内蔵のクッション

支援者
2人
在庫数
13
発送予定
2021年1月

プロフィール

はじめまして。Japan Royal Groupで代表を務めております、理学療法士の森上 満輝と申します。弊社は創業以来、お客様に心満たされた豊かな人生を送って欲しいという願いから活動して参りました。現在、横浜市を中心に通信販売を行っておりまして、医療機器や介護福祉用品を国内の皆様にご提供させて頂いております。また、生産者の生活や健康、自然の保護を目的としたフェアトレードを大切にし、アジア・アフリカ・ラテンアメリカのお品もご提供させて頂いております。この度、西アフリカはマリ共和国の伝統手織物BOGOLANを日本へ普及させたい、という想いからプロジェクトを立ち上げました。日本でBOGOLANの認知度が上がり、国際協力としてマリ共和国の皆様へのご支援に繋がることを​目的としています。共感頂いた方はご支援頂けますと大変嬉しく思います。どうぞ宜しくお願い致します。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

Non Strings Orchestra 楽団存続のご支援

西本彩香西本彩香

#音楽

112%
現在
56,000円
支援者
11人
残り
6日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする