READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

生後2ヶ月で発症。FIPの治療にご支援ご協力よろしくお願い致します

こえだくん

こえだくん

生後2ヶ月で発症。FIPの治療にご支援ご協力よろしくお願い致します

支援総額

1,062,000

目標金額 1,000,000円

支援者
203人
募集終了日
2022年3月17日
プロジェクトは成立しました!

プロジェクト本文

はじめまして。

【こえだ】の飼い主でございます。

 数あるプロジェクトの中から、

当プロジェクトをご覧いただきまして

ありがとうございます。

 生後2ヶ月で、猫伝染性腹膜炎(fip)を発症しました。猫伝染性染性腹膜炎とは、猫ちゃんにとって不治の病と呼ばれる病気です。

 

▼こえだの紹介

名前:こえだ

性別:オス

生年月日:2021/10/15

保護猫だったこえだに飼い主が一目惚れをし、11/20に我が家へ来ました。チュッチュが大好きな甘えん坊です。

(↑初めてうちに来た日のこえだです)

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

 こえだを迎えてから約1ヶ月が過ぎた頃、体調を崩して病院を受診。検査をし、12/25に猫伝染性腹膜炎という結果が下されました。病気について調べれば調べるほどショックなことばかりで絶望状態..。どうかで間違いであってほしいと思うばかりでした。

 獣医師さんから国内未承認薬があるというお話を聞いておりましたが、あまりにも高額なため「手を出すことはできない」「こえだが生きられるまで寄り添っていこう」と一度は諦めてしまっていました。

 しかし、そんな中なクラウドファンディングを実行しながら同じ病気で闘っている猫ちゃんや飼い主様がいること、それを支援してくださっている優しい方々がいらっしゃることを知り、一筋の希望が見えました。助かる可能性が少しでもあるなら...「まだまだ一緒にいたい」という思いが強くなり、国内未承認薬を使っての治療を決心致しました。

 治療は大変高額になります。突然の大きな金額...その費用の捻出は今の自分には難しいものでした。誠に勝手ではありますが、皆様のご支援をお願いしたいと思いプロジェクトを立ち上げさせていただきました。

 

▼これまでの経緯

 

12月12日〜 変化・違和感

 ぽっこりとしたお腹が目立つ。食事量が増えていたので特に問題視することなく過ごしていました。抱っこされると鳴いておりたがるようになり、今まで嫌がることがなかったので不思議に思っていました。今思えば、この頃から苦しかったのかもしれません。

 なんでも噛んでしまい、活発だったこえだがおもちゃにも興味を示さなくなり、少しずつ大人しくなっていきました。呼吸の速さも感じました。少しでも違和感を感じた時にすぐに病院へ行くべきでした。

 

12月21日 食欲不振

 鳴いて食事を要求することが減っていき、匂いを嗅ぐだけで食べないことも出てくる。飽きてしまったのかと思っていましたが、今までの違和感もあったので近いうちに診てもらおうと考えていました。

 

12月22日 病院へ

 この日は朝1番の餌も口にしなかったので、病院へ行きました。呼吸異常とのことで、レントゲンやエコーなどの検査を行い、胸水肺炎の症状が見られました。こえだはパニック状態になり、「このままでは処置中に亡くなってしまうかもしれない」と言われるほどでした。一度待合室に戻りましたがどうか無事を願うしかありませんでした。次に診察室へ呼ばれたときは、酸素を吸って落ち着きを取り戻していました。血液検査の結果と所見からFIPが濃厚とのことで、溜まっていた胸水100ccを抜き検査に出していただきました。

 帰宅してからのこえだは、胸水を抜いたことで少し楽になった様子で元気に鳴いてくれました。餌をあげると今まで食べていなかった分、ガツガツと勢いよく食べてくれました。カラーをしていたので動きづらく、夜はチュッチュをしながらもなかなか眠れないようでした。

↓12/22 血液検査の結果

 

12月23日 

 点滴の針を抜きに病院へ行きました。カラーが外れると、走ったりジャンプしたりする姿が見られました。今までどんなに苦しかったのか..考えさせられました。病院では抗生物質と整腸剤が処方されました。

 検査結果が出るまでは、こえだが生きているか何度も確認、苦しかったのにすぐに病院へいけなくてごめんね..ストレスを与えてしまっていたのかも..と後悔、病気について調べる毎日でした。

 

12月25日 検査結果

 夜、病院から猫伝染性腹膜炎陽性】の連絡を受けました。

 

↓PCR検査結果報告書です(+が陽性)

 

 まだ結果が出るまでは分からないから..と少しの希望にかけていましたが、結果を聞いたときは言葉も出ませんでした。すぐにこえだを連れて病院へ行き、前回の受診からの3日間で胸水が25cc溜まっていました。確実な治療法がないこと、このまま胸水を抜いていても楽にならず徐々に苦しくなって亡くなってしまうことを聞きました。国内未承認の薬があることも知り、すぐに協力病院を探しました。

この日はステロイド薬が処方されました。

 

12月27日 協力病院① 投薬初日

 車で1時間ほどのところに未承認薬を取り扱っている協力病院を見つけ、話だけでも伺いたいと思い訪ねました。エコーや血液検査を行い、FIPの治療についてのお話を伺いました。こえだの今の状態ならば寛解できる可能性は十分にあるということで、その場で未承認薬を使って治療していく意思を伝えました。

 投薬は150mgを9日分処方していただき、この日の夜から投薬スタートしました。84日間毎日同じ時間に投薬します。前後1時間はごはんを食べられません。我が家では20時に設定し、8才の娘に手伝ってもらいながら飲ませています。

 

7日分+予備2日分で処方していただいています。

 

12月31日 

  かかりつけ医にて胸水50cc抜去していただきました。

 

1月5日 協力病院②

 レントゲン・採血をしました。先週の検査結果を見せていただき、貧血は改善、ASTが少し高めに出ていますがこの数値なら問題ないとのことでした。

 また1週間後に通院予定となり、200mgを9日間処方していただきました。

 

↓12/27 血液検査の結果

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 84日間の投薬を継続させ、経過観察3ヶ月後FIP寛解を目指します。

 こえだがFIPという不治の病に打ち勝つことで、これからFIPを発症してしまう猫ちゃん、闘病中の猫ちゃんの希望になれたら嬉しく思います。

 

▼支援金の使い道

 

 こえだのFIP治療費や薬代に使わせて頂きます。

 投与開始時のこえだの体重は1.1kgで、1日の投与は150mgから始まりました。こえだの病院での未認証薬は50mg 1,980円100mg 3,300円のため、初回の処方は5,280×9日分=47,520円でした。

 2回目は、体重1.25kgで200mgを9日間処方していただきました。200mgは6,050円なので6,050×9日分=54,450円をお支払いしました。

 

↓協力病院の明細書

 青マーカーが未承認薬代です。

 今後、子猫であることや食欲もあることから一週100〜200gずつ増加想定で計算をしていくと、薬代は総額約760,000円になります。通院の検査費用も考えると、約820,000円ほどかかる見込みです。

 今まで約100,000円ほど治療費の支払いを終えています。

 

かかりつけ医の明細書

 

 投薬開始前に支払った治療費は自己負担し、投薬開始後からの治療費・薬代をご支援頂けないかと考えております。今後の予想される治療費・薬代と投薬開始後から支払い済みの治療費分を合わせると820,000+50,000=870,000円が必要になります。

 

 支援総額1,000,000円で成立した場合、手数料(+税)132,000円を引いて868,000円が手元に入りますので、今回、目標金額1000000円を設定させていただきました。

 万が一、治療期間中に亡くなってしまった場合でも返金は致しかねます。その場合は、資金をこれまでの治療費や検査費等にあてさせて頂きます。

 

 

▼実施スケジュールとリターンについて 

 

投薬開始:2021年12月27日

投薬終了:2022年3月20日

経過観察:2022年3月20日~2022年6月20日 

 リターンに関しましては、投薬終了後の2022年3~6月頃を目安にしています。

 ささやかではありますが、御礼のメッセージやグッズを順次送らせて頂きます。尚、本プロジェクトはAll or Nothing方式ですので、目標未達成の場合リターン品は送りかねますので御了承願います。

 

 

▼最後に...

 

この度は最後までお読みいただきまして、

本当にありがとうございました。

皆様の温かいお気持ちに頼るばかりで

本当に心苦しいですが、

小さなこえだを救うために

お力を貸していただけないでしょうか。

どうかよろしくお願い致します。

 

 

※担当医の氏名はご迷惑になる恐れがあるため、伏せさせていただきます。

 

 

 

 

本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。


連絡先:http://instagram.com/koeda1015

 

 


【READYFOR事務局からのご案内】

 

ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。


ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え

 

 

プロジェクト実行責任者:
大前千紘
プロジェクト実施完了日:
2022年6月20日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

こえだの難病FIP寛解を目指す。集まった資金は治療費として使用する。

プロフィール

保護猫こえだの飼い主です

リターン

500


alt

こえだ応援500

500円(リターン無し)

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

1,000


alt

こえだ応援1000

感謝の気持ちを込めて、御礼のメールを送ります。

支援者
82人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

3,000


alt

こえだ応援3000

感謝の気持ちを込めて、こえだの写真を添付した御礼のメールを送ります。

支援者
46人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

5,000


こえだ応援【メール、ステッカー】

こえだ応援【メール、ステッカー】

感謝の気持ちを込めて、こえだの写真を添付した御礼のメールとこえだのステッカーを送ります。
※画像はイメージです
※指定の住所に送付させて頂きます
※送付以外での目的で住所を使用する事はありません

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

5,000


alt

全額応援5000

感謝の気持ちを込めて、こえだの写真を添付した御礼のメールを送ります。

★リターン不要の方はこちらにお願いします

支援者
25人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

10,000


こえだ応援【メール、シール】

こえだ応援【メール、シール】

感謝の気持ちを込めて、こえだの写真を添付した御礼のメールとこえだのシールを送ります。

※画像はイメージです
※指定の住所に送付させて頂きます
※送付以外での目的で住所を使用する事はありません

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

10,000


alt

全額応援10000

感謝の気持ちを込めて、こえだの写真を添付した御礼のメールを送ります。

★リターン不要の方はこちらにお願いします

支援者
26人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

30,000


こえだ応援【メール、シール、カレンダー】

こえだ応援【メール、シール、カレンダー】

感謝の気持ちを込めて、こえだの写真を添付した御礼のメールとこえだのシール、カレンダーを送ります。

※画像はイメージです
※指定の住所に送付させて頂きます
※送付以外での目的で住所を使用する事はありません

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

30,000


alt

全額応援30000

感謝の気持ちを込めて、こえだの写真を添付した御礼のメールを送ります。

★リターン不要の方はこちらにお願いします

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

50,000


こえだ応援【メール、カレンダー、ミニバック】

こえだ応援【メール、カレンダー、ミニバック】

感謝の気持ちを込めて、こえだの写真を添付した御礼のメールとこえだのカレンダー、ミニバックを送ります。
※画像はイメージです
※指定の住所に送付させて頂きます
※送付以外での目的で住所を使用する事はありません

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

50,000


alt

全額応援50000

感謝の気持ちを込めて、こえだの写真を添付した御礼のメールを送ります。

★リターン不要の方はこちらにお願いします

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

100,000


こえだ応援【メール、シール、カレンダー、ミニバック】

こえだ応援【メール、シール、カレンダー、ミニバック】

感謝の気持ちを込めて、こえだの写真を添付した御礼のメールとこえだのシール、カレンダー、ミニバックを送ります。

※画像はイメージです
※指定の住所に送付させて頂きます
※送付以外での目的で住所を使用する事はありません

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

100,000


alt

全額応援100000

感謝の気持ちを込めて、こえだの写真を添付した御礼のメールを送ります。

★リターン不要の方はこちらにお願いします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年6月

プロフィール

保護猫こえだの飼い主です

あなたにおすすめのプロジェクト

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい! のトップ画像

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい!

山下崇 Gogreengroup代表山下崇 Gogreengroup代表

#環境保護

継続寄付
現在
20人
動物園がもっと好きになる。水辺の生物たちと再会できる場所づくりを のトップ画像

動物園がもっと好きになる。水辺の生物たちと再会できる場所づくりを

天王寺動物園天王寺動物園

#環境保護

24%
現在
10,926,167円
支援者
595人
残り
9日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする