ご好評により本プロジェクトのマッチングギフトの支援額は満了致しました。
みなさまの引き続きのご支援をお願い致します。

支援者のみなさまへ

 

応援・ご支援ありがとうございます!

情報の拡散にも日々ご協力いただきまして

心より感謝申し上げます。

 

みんなで大きなプロジェクトを成し遂げていく過程の共有を通じ、

独自の活動で行っていく、今までにない社会貢献のモデルを

当活動から産みだして、クリエイトして行きたいと思います!

 

ご支援をいただいたみなさまは仲間であり、同志です。

総力戦でどうぞよろしくお願いいたします。

 

ーーー

 

さて、今日はGOOD NEWSのお知らせです!

 

SmartNews社のNPO支援プログラム、ATLAS Programにおいて、

全国からの申込団体123団体の中から、第一期支援団体10団体へ、

Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENが選ばれました!

 

(SmartNews公式リリースはこちら)

 

ありがとうございます!このタイミングで、これはホント嬉しいです〜!!

 

 

 

 

今回の支援内容について簡単にご説明を。

まずは、SmartNewsさんのHPより抜粋いたします。

 

*募集ページより引用*

世界で数十億人がスマートフォンを使う時代。SmartNews ATLAS Programは、SmartNewsの広告を実際に運用する経験を通じて、NPOにとっていま必要なモバイルマーケティングのスキルを身につけていただくためのプログラムです。今回募集するのは10のNPO。SmartNewsと5つの強力なパートナーが参加団体を全力でサポートします。ただし、あくまで主役はNPOの皆様自身です。学習し、議論し、試行錯誤を重ね、成果を発表する、そのためのリアルな場でのMeetupも計3回用意しました。
アトラスはギリシア神話に登場する、天空をその双肩で支える巨神の名前。社会を変えたいという思いに現実の力を与えるために、私たちと一緒に最適なマーケティングプランをつくり、実践してみませんか。寄付集め、イベント集客、ボランティア募集などの具体的なアクションを通じて、いま、社会を変えるための力を手に入れてください。

 

 

ーーー

 

100万円分のSmartNews Adsをどう使うか。
企画、運用、成果報告、すべて真剣勝負。
SmartNews上でのネイティブ広告運用を軸にした6ヶ月間のNPO支援プログラム。
モバイルマーケティングのスキルを高めたい10団体を募集します。

 

ーーー

 

ランディングページについて考え抜く
広告をクリックしたユーザーに何を伝えるか。活動の紹介、寄付の募集、それぞれの目的に合った最適なランディングページをつくりましょう。

 

ーーー

 

リアルな場を通じて学び合う
東京のSmartNewsオフィスで計3回のMeetupを行います。学びの場、議論の場、成果発表の場です。

 

ーーー

*引用終わり*

 

 

SmartNewsさんといえば、スマホのアプリをお使いの方も多いかと思いますが、

ネットで商いを行う企業の社会貢献の形として、

民間企業と較べ費用やマンパワーなどのリソース不足で満足に展開できない、

NPO活動についての情報発信をお手伝いしようというものです。

 

また、沢山の賛同を広く募りながら、

活動を周知拡大し社会へインパクトのある独自の事業視点を

形にしていかなければならない課題に対して、

パートナー企業5社のそれぞれのリソースをフル活用して、

様々な形の広告出稿を軸にした、半年間の広報サポートをご提供いただけます。

 

以下、パートナー企業5社のご紹介。

 

 

 

NPOセクターではすでに有名な5社なので、

みなさまお馴染みかと思います。

 

・ヤムヤムでも参加させていただいている、gooddoさん。

 

・何度も記事で取り上げていただいた、greenz.jpさん。

 ータイ料理と日本のローカルフードがコラボレーション!? 地産地消のタイ料理を提案するフードイベント「Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN」

 ー傷がつくとさらに甘くなる!? 青森の”雹(ひょう)害りんご”をイメージアップして、多くの人に届ける「雹kissりんごプロジェクト」

 

・日本最大級のハウツーサイト、nanapiさん。

 

・イベント管理、チケット販売で初期からお世話になっている、PeaTiXさん。

 ーヤムヤム vol.16 大阪府版 in OSAKA(9/13開催)

 ーヤムヤム vol.16 大阪府版 in TOKYO(9/20開催)

 

・今回のクラウドファンディングでもおなじみ、READYFORさん。

 

すごい5社が揃いましたね!

これから始まる支援プログラムを活用して、何を実現するか?

今から考えてもワクワクします。

 

ーーー

 

今回、READYFORのクラウドファンディングを活用して、

このようなプロジェクトに挑戦しているのも、

何とかして、現状を打破し、さらなる発信につなげたいから。

 

タイ料理をフィルターにして、地方を発信し、首都圏から海外へつなぐ、

そして、同時にタイでも同様の流れをつくりだし、

日タイ間の食の交流を軸とした今までにないプラットフォームを

この世に生み出すことで、社会問題を解決したり、貢献をしていくこと。

 

このコンセプトが生み出す成果を実際に見せていくには、

実行して形にしていくしかない。

そして、そこには多くのパワーが必要になる。

 

ここを孤軍奮闘しながら、賛同してくれる仲間を募り、

少しづつ活動を拡げているような状況なのです。

私に近い方は特に、私が地道な積み重ねを続けながら

状況を作り出してきたことをきっとご存知だと思います。

 

ーーー

 

今回、新たなご支援をいただけますこと、心より感謝いたします!

そして、相乗効果で活動をさらに大きく育てていきたいと思います。

 

どうぞ、引き続きの応援・ご支援をよろしくお願いいたします。

頑張ります!

 

特定非営利活動法人Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN

代表理事 西田誠治

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ