クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

タイ77県ご当地食材の飾り寿司で日タイの架け橋を実現したい!

西田誠治・ヤム!ヤム!ソウルスープキッチン

西田誠治・ヤム!ヤム!ソウルスープキッチン

タイ77県ご当地食材の飾り寿司で日タイの架け橋を実現したい!
支援総額
3,240,000

目標 3,000,000円

支援者
146人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

終了報告を読む


4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2015年12月28日 11:38

65. 北部取材より学生レポート・その2(チェンマイ)

支援者のみなさま

応援、ご支援ありがとうございます。
22日の夜にタイ中部取材から帰国しました。
おかげさまで今回も充実の濃い取材となりました!
見ず知らずのタイ、隠れた魅力、本当にたくさんあります。
しかし、作業が一向に追いつかず、、
せっかくの情報発信がままならずとなっています。
落ち着いてから順次できることをやっていこうと思います。

さて、エキスポでのお披露目はいよいよ2月12日〜14日。
すでに残り1ヶ月半ほどになっていて、、(焦)
気づいたら全くの手付かずのこともたくさんあり、
以前交渉進捗中の事項も多く、なかなかスリリングな状況に
どっぷりとはまっています。

そんな状況のせいか、今年は、年末感もゼロ_。
2〜3週間置きにタイの地へ渡り、田舎道を走り回っているので、
顔もすっかり黒くなってしまいました。笑

ーーー

さて、前回の菅野さんに引き続き、北部編に取材同行をしてくれた、
カセサート大留学生、黒井さんの取材レポートです。

この2名の留学生は、自らのアクションでそれぞれ私に連絡をくれ、
活動に参加したい!と面談を申し入れて来てくれました。
もちろん、直接会っていろんな話をさせてもらいました。
こういうタイミングもご縁です。

同行取材後も、バンコクで2人で再会し、何ができるか?を
熱心に考えてくれていたり、
先日の中部編にも志願して再び同行をしてくれました。
活動が若い世代へも拡がりつつあること、本当に嬉しいですね!
私自身も新たに刺激を受けています。

ぜひ、支援者のみなさんに読んでみてほしいです。
現在の活動の加速感や熱が少しでもみなさんに伝わると嬉しいです!

 



ーーー

Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN
Japan Expoin Thailand 2016での飾り巻き寿司プロジェクトに向けたタイ現地取材同行レポート 北部チェンマイ編
カセサート大学 黒井千春


【タイと日本の地方を繋ぐ新たな試み】
 これまで主に日本を拠点に地方の農家や地域が抱える問題を「食」を使って地方と地方、人と人を繋ぐことで問題解決の支援や食材の新たな活用方法を見出してきた Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN(以後ヤムヤム)が来年 2月にタイ・バンコク市内で開催されるJapan Expo in Thailand 2016においてタイ77県のご当地食材と日本料理を代表する飾り巻き寿司を組み合わせた新しいプロジェクトを展開します。タイと日本の「食」を通じた国際交流だけでなく、「食」で人と人、地方と地方を繋ぐ新たな「食」の可能性。そして今回のプロジェクトを通してヤムヤムの活動に「共感」した人が新たな「共感」を他の人へ繋ぐ、「共感が共感を生みだし、そのまた共感が共感を生みだす」。 この一連の流れが拡大していく様子をJapan Expo in Thailand 2016だけでなく、その先のヤムヤムの将来像も想像することで今回の飾り巻き寿司のプロジェクトがいっそう多くの人から支持されるプロジェクトとなることを願って、その「共感」を生み出すきっかけやヤムヤムの活動に興味を持つきっかけに少しでも力になれればと思い、レポートを書かせていただきました。

 西田代表のご厚意により、11月下旬のタイ北部チェンマイでの現地取材に同行させていただきました。訪問先はHIV感染孤児たちの生活施設「バーンロムサイ」、オーガニックファーム「モンキーファーム」の2か所です。同行の際に感じたことを含めながらみなさん取材の様子を発信していきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

【ヤムヤムの活動に参加したいと思った理由】
 北部での取材同行について述べる前になぜ自分がヤムヤムの活動に参加したいと思ったか少しお話しさせて下さい。「共感が共感を生みだし、そのまた共感が共感を生みだす」と上記で述べさせていただきましたが、私もその共感の一連にはまった1人です。 西田代表のヤムヤムの活動に対する熱意。「食」を通じて人と人、地方と地方を結び、 そしてタイと日本の国際交流にも繋げる。「食」という人間誰しもに共通する「食べる」という習慣を地域活性化や国際交流のツールとして展開する姿に大きな衝撃を受けました。またカセサート大学へ留学してから4か月が経つ中、タイの文化、タイという国、タイ人、そして何よりタイ料理の魅力にすでに魅了されている自分に気づきました。ヤムヤムの活動や方針に共感しただけでなく、何より西田代表のタイという国やタイ料理に対する思いに共感した部分も多いです。

 現在ではタイへ行かなくても日本でタイ料理を楽しめる機会が数多くあります。実際タイ料理を専門としたレストランも東京などの都心だけでなく地方でも見られるようになりました。同様にタイでは日本食を提供するチェーン店やレストランがバンコクを中心に営業展開し、タイ人のなかでも日本食に対する関心が高まっていることを直接肌で感じることができます。共感を生みだすきっかけとして今回のJapan Expo in Thailand 2016などのイベント以外にも、タイ料理や日本食に触れてみることも新たな共感を生みだす一歩となるのではないでしょうか。

【HIV 感染孤児たちのための生活施設バーンロムサイ】
 「バーンロムサイ」はNPO 法人バーンロムサイジャパンが運営するチェンマイ市内のホシハナビレッジにある母子感染したHIV 感染孤児たちの生活施設です。子どもたちのエイズ発症を防ぐための健康管理や生活支援だけでなく、物づくりや社会へ出る準 備をする場、つまり職業訓練を施設内で行うことで将来子どもたちが施設を出た後も自立して生きていくための支援も行っています。また、施設の中には日本映画「プール」の舞台となったプールを中心に6棟のゲストハウスが寄付により設立されており、子どもたちとゲストが相互交流できる場としても機能しています。

 バーンロムサイでは現在1歳から18歳までの子どもたちが生活をしており、それぞれ年代に合わせてチェンマイ市内の小学校や中学校に通っています。また、施設内には 職業訓練をするための場も設けられており取材当時はちょうど建設中のゲストハウスで使用する枕を高校生ぐらいの年頃の女の子たちが作っている最中でした。

 



 現場にいる女の子たちの様子からは裁縫の技術を学び、身に付け、そして実際に自分の手で作ったものをゲストへ提供することで働くことへの意識付けと子どもたちの自立を支援する場として成り立っていることがわかります。施設内には子どもたちが手作りしたものを買うことができる場も設けられており、その場でものを買うことで直接子どもたちの支援につながる仕組みができています。

 



 一方、オーガニックファームでは農作業に励む男の子たちの様子を見ることができます。そこでは市内の大学を卒業したカレン族の方を招いてプイマックというオーガニック肥料作りから有機野菜の栽培を子どもたちに教えているそうです。唐辛子や長なす、 バジル、つるむらさき、トウモロコシ、空芯菜など多数の作物を子どもたちが一から育てて収穫し、その後畑で採れたものは調理されてゲストへ提供されます。

 



 またゲストハウスや食堂で出た生ごみを細かく分類し、骨まで無駄なく肥料にすることで限られた環境の中で種からオーガニックにこだわった有機栽培を実現し、ゲストへ有機野菜を提供することができています。農業が盛んなチェンマイだからこそ、カレン族の方の協力も経て子どもたちが農業を学び、手法を身に付ける機会としてしっかり成り立っていることがわかります。

 施設を案内していただいた後には食事を交えながら、名取代表からバーンロムサイを設立した経緯や子どもたちへの思いをお聞きすることができました。設立当初と比較し子どもたちの命が危険にさらされる状況が低くなった現在、子どもたちが自立して社会へ出るための教育や職業訓練の場としてだけでなく、バーンロムサイを訪れる観光客の方と共に相互交流をしながら子どもたちを支援できる場所としてありたいという名取代表の強い思いが伝わる会食の場となりました。また、名取代表から私たち若者へ向けて「コミュニケーション能力をもっと身に付けてほしい」というお言葉をいただきました。どんな言語や人種にも限らず、人としっかりコミュニケーションを取ることができる、それが今の若者に求めることですという名取代表の言葉は私にとってタイ人との関係だけでなく日本人との関係をも見直すきっかけとなりました。

 現在日本人の若者は海外へ出ることに消極的だと言われています。そのような日本人の若者の風潮は世界で起こっている社会問題から遠ざかる一方であり、いっそう世界へ の関心が他人化されてしまう恐れがあります。若者が外へ、世界へ出ること。それが自分の将来の糧となり、そして世界と正面から向き合うことに繋がると、私たち日本人のパスポートが持つ、海外へ行ける権利を持つ素晴らしさと合わせて名取代表は私たちに語りかけてくださいました。グローバル人材育成促進を謳う現代の日本社会において私たちのように外へ出た者に課せられる使命か何か、またこれからの日本社会を担う若者が外へと意識を向ける必要性を改めて考える非常に貴重な機会となりました。

ーーー

次回、モンキーファームへ続きます。

特定非営利活動法人Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN
代表理事 西田誠治

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

Abaad17cfa399f6d0998198ecc52d40e0069aa5e

【頑張って!ライトな応援プラン】

①タイからのお礼のお手紙(郵送)
②ヤムヤム主催イベント500円参加割引券・金券(郵送)
×3名様分
③プロジェクト完了報告書(完了時メール)
④当プロジェクト限定!オリジナルデザインバッジセット

支援者
61人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

E2e54d438b7d06f2a38caf5043cd7821ffe8f33f

【お寿司イベントご招待券付き・美味しい応援プラン】

★ ★ おすすめコース ★ ★
上記①〜④に加えて

⑤日本国内お寿司イベントご招待券(郵送)
⑥タイの取材中に現地で買ってきたお土産(郵送)
⑦JAPAN EXPO in Thailand 2016にて開催するご当地お寿司イベントSTAFF参加権
*現地集合、全ての経費はご自分で負担いただきます

<<特別追加リターン>>
・ヤムヤム77お寿司プロジェクトオリジナル staff Tシャツ

支援者
49人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

3073bd78a4181904a79bcd985f19ef012f558f15

【タイ料理が作れる食べれるキット付き!お楽しみ応援プラン】

★ ★ おすすめコース ★ ★
上記①〜④に加えて

<<特別追加リターン>>
・タイ料理クッキングBOOK+ミニ調味料セット
・シンハービール3本
・ヤムヤム77お寿司プロジェクトオリジナル staff Tシャツ

支援者
22人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

【日本のおいしいお土産付き!NIPPON応援プラン】

★ ★ タイ在住者向け限定コース ★ ★
上記①〜④に加えて

<<特別追加リターン>>
・日本の産地取材で巡りあった各地のおすすめ加工食品
・ヤムヤム77お寿司プロジェクトオリジナル staff Tシャツ

支援者
2人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

【大人気のパクチーペースト2種付き!パクチーで応援プラン】

¥10,000 の支援で受取る引換券
在庫制限無し
★ ★ おすすめコース ★ ★
上記①〜④に加えて
<<特別追加リターン>>
・パクチーペースト2種セット(要冷蔵)
・シンハービール3本
・ヤムヤム77お寿司プロジェクトオリジナル staff Tシャツ

支援者
4人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

15a472769ce181f03e6bb93fcf5981560765d18f

【日タイ両国のお寿司イベントへ参加!+ヤムヤムプロジェクトの背景を直接聞けるプラン!】

上記①〜④、⑥、⑦に加えて

⑤は×3名様分

⑧都内人気タイ料理店にて当プロジェクト途中経過<食事付き・個別報告会>を開催!
*なかなか聞けないプロジェクトの背景を直接聞ける、知るチャンスです!
*現地集合、全ての経費はご自分で負担いただきます

支援者
10人
在庫数
40

50,000円(税込)

25608a378e638eebd30b8e3dc2247a6156a88e05

【タイ国内現地取材へ特別にSTAFF同行できる!プライスレスな異国文化体験プラン!】

上記①〜④、⑥、⑦、⑧に加えて

⑤は×5名様分

⑨ご当地お寿司PJ・タイ国内現地取材へご招待<産地取材同行権・1名様>
2015年11月以降で順次タイ国内5地域(調整中)で実施予定の産地取材へSTAFFとして同行ができます。外には見えないPJを形づくる裏側を、自ら体験できます。今のタイの熱気を同時に体験できる又とない貴重な機会となるでしょう!

*現地集合、全ての経費はご自分で負担いただきます

支援者
3人
在庫数
17

100,000円(税込)

7e47ddbf8eb66cad980bb0ef3e45bb9948fa0043

【タイ国内取材体験に加え、タイワインも満喫できるお得なプラン!なかなか味わえないプロジェクトの裏側&タイの魅力へご案内!】

上記①〜④、⑥、⑦、⑧、⑨に加えて

⑤は×10名様分

⑩タイ国産プレミアムワイン、モンスーンバレーHUA HIN HILLS VINYARD〜ワイナリー視察ツアーへご招待(2名様まで可)タイの避暑地でもあるホアヒンにて、ワインと料理のマリアージュ体験をしていただきます。
*現地集合、全ての経費はご自分で負担いただきます

支援者
3人
在庫数
7

プロジェクトの相談をする