READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

8万食の給食でスラム地区の不登校のエイズ孤児をゼロにしたい

8万食の給食でスラム地区の不登校のエイズ孤児をゼロにしたい

支援総額

1,257,000

目標金額 1,000,000円

支援者
74人
募集終了日
2015年1月9日
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2014年11月10日 16:52

自分たちの手に負えることをやっていこう。

セチャバセンターは、本当に少ないお金の中で、「自分たちの手に負える」ことを実現していく場所です。

 

建物は、周囲のスラム地区と同様にシャックと呼んでいる掘っ立て小屋。

 

お金がないことも理由の一つ。そして不必要に立派な建物で盗難や強盗などの危険を招かないようにすることも理由の一つ。

 

センターには、塀はなく、外から活動が覗けるようになっています。

それも、活動をオープンにするため。

 

今日紹介するのは、セチャバがボランティア宅での調理(2005~)でなく、センターを建てた後の1年目の調理の風景です(2012)

 

 

まだキッチンは独立しておらず、小学校の子どもたちが過ごす部屋と兼用。

ガスや薪のストーブは買えなかったので、写真のような形で調理をしていました。

 

薪は、スラムに住んでいる方が「他の形でのボランティアは自分にはできないけれど」と言いながら、進んで集めてくれたものです。

 

 

子どもたちが火傷したりする危険があるので、給食は手際よく午前中に作らなくてはならず、ボランティアが仕事を始めるのは、朝7時半。

 

遅刻なく、無償で黙々と働き続ける一人の助成が「自分の住んでいる場所にお腹を空かせた子どもがいるのは辛いから」と、自分がボランティアになった理由を教えてくれました。

 

セチャバセンターができるまでの物語や、水事情、ゴミ事情など、いろいろ今後お伝えしていけたらいいなと思っています。

 

どうぞ皆さまに、私を飛び越えて南アフリカの現場にいる皆の熱意に共感していただけるよう、ベストを尽くしていきたいと思います。

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

●エイズ孤児の描いたイラスト入りサンクスレター
●アフリカンビーズのレッドリボンバッジ

支援者
45人
在庫数
制限なし

10,000

alt

●エイズ孤児の描いたイラスト入りサンクスレター
●アフリカンビーズのレッドリボンバッジ
●サポーターの方の働く福祉施設で作った手作りお菓子の箱詰め
●サポーター認定証(エイズ孤児の写真とメッセージ入り)

支援者
19人
在庫数
制限なし

30,000

alt

●エイズ孤児の描いたイラスト入りサンクスレター
●アフリカンビーズのレッドリボンバッジ
●サポーターの方が作成販売しているイタリア産オリーブオイルなどを使ったオーガニック石鹸(5000円相当)

支援者
9人
在庫数
制限なし

100,000

alt

●エイズ孤児の描いたイラスト入りサンクスレター
●アフリカンビーズのレッドリボンバッジ
●全国巡回した写真パネルの表にお名前を入れてセチャバセンターの壁一面を飾ります。

支援者
3人
在庫数
14

プロジェクトの相談をする