皆さん こんにちは。

 

本日、【3000円】をご支援いただいた方への

●エイズ孤児のイラスト入りのサンクスレター

●ビーズバッジ

を発送させていただきました。

 

また【30,000円】をご支援いただいた方への

●エイズ孤児のイラスト入りのサンクスレター

●ビーズバッジ

●オーガニック石けん

を発送させていただきました。

 

【10,000円】の方、【100,000円】の方への

お礼の品の送付を少々お待ちいただければと思います。

現在、お菓子作りの作業所との打ち合わせや、

南アフリカ現地のボランティアとの打ち合わせを行っているところです。

 

よろしくお願いいたします!

 

ビーズバッジですが、クラウドファンディングを始めたときから

少しづつ作ってきたのですが、自分で考えていたよりもとても時間がかかってしまい、今のご連絡となっています。

 

バッジにまつわるお話など、またさせていただければと思います。

 

1月後半は、悲しいニュースも続き、海外で仕事をすることについて、改めて

いろいろと考える日々が続きました。

 

なかなか新着情報の発信や、個別でのメッセージなどの作業をできずにいたように思います。プロジェクト成立の喜びや感謝を伝えたい気持ちと、同時に沸き起こる断腸の思いがせめぎあう1月後半でした。

 

応援いただいている皆様にご心配をかけない活動をしなければと思っているところです。

 

南アフリカは現在のところは、これまで同様の強盗その他の犯罪は多いエリアですが、テロの話は出ておりません。

 

ちょうど出入国管理の法律が改正され、出入国が厳しくなっているので、個人的には手続きに苦労しますが、別の視点では安心できることなのかなと思っております。

 

2月7日から南アフリカへ行ってきます。

現地の皆には、今回の皆さんからのメッセージを翻訳したものを、待っている!と

楽しみにされています。

つたない訳の中ですが、それぞれの方からのご支援があったタイミングごとにどれだけメッセージとご支援に勇気づけられたのか、伝えてきたいと思います。

 

なかなか現場のボランティアたちは、彼ら自身は「活動のお金をつくる」という経験はないので、「お金や寄付を待っている」状況の中で、ソーシャルワーカーの立場にある数人で、いろいろと活動費づくりの挑戦をしている日々です。

 

その中でのクラウドファンディング、その緊張感や出会いつながることへの挑戦をどう皆に理解してもらえるかな・・・と、考えながらの渡航です。

お金の使い方、プロジェクトの実行の仕方も、現地のボランティアと、私の考えている計画を今回の渡航で、しっかりとすり合わせながら、250人の子ども達と出会っていくことになります。

 

その後、どのように継続していくか?とう課題も、話し合っていくことが必要な

「継続するにはどうしたらいいか?」というテーマを考えていくことも、この1年の課題になります。

 

まずは、今できることを。

皆で語り合うことを。

それを皆さんに伝えていくことを。

 

継続していけたらと思います。

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ