READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

8万食の給食でスラム地区の不登校のエイズ孤児をゼロにしたい

小山えり子 (NGOニバルレキレ)

小山えり子 (NGOニバルレキレ)

8万食の給食でスラム地区の不登校のエイズ孤児をゼロにしたい

支援総額

1,257,000

目標金額 1,000,000円

支援者
74人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2015年09月07日 21:17

南アフリカ 現地活動報告(4)

天候不順の日々が続きますが、皆さん変わりなくお過ごしでしょうか。

 

セチャバセンターは先日ご報告させていただきましたように、無事に目標どおり250人のエイズ孤児たちがセンターを訪れ、給食を食べ遊ぶ姿が見られるようになりました。

 

今日は最近のセンターの様子を少し写真で紹介したいと思います。

 

 

新しいキッチンで働くボランティア。

センターの引っ越し先では、向かいに住んでいる家族が水道を使わせてくれています。相変わらずエマプペニは断水が多く、キッチンスタッフは苦労が多いのですが、彼女は文句ひとつ言わず何年もボランティアを続けてくれています。

 

 

彼女たちは午前中はスラム内の家庭訪問、午後はセンターに来るエイズ孤児達のケアをしています。訪問活動ではエイズ孤児の暮らす家庭を支援するだけでなく、障がいを持つ人、DVや虐待などの問題を抱えた家族の支援を行なってきました。

週に1回、資格を持ったソーシャルワーカーが複雑な問題を抱えた家庭の支援やボランティア達のフォローアップを行なっています。

 

 

 

子ども達との放課後ワークショップを行なっています。

セチャバセンターでは、皆さんがご支援くださっている給食プログラムが目標達成した8月から、新たに “Victim Empewerment  Program”という活動をスタートさせました。これは様々な困難を抱えた子ども・被害を受けた子ども達をエンパワメントしていこう、自己肯定感情を育んでいこう、という活動で、写真はセンターに集まるエイズ孤児と話し合いをしているところです。

 

 

元気いっぱいの子ども達。彼は新しくこのプロジェクトで支援できるようになった学校の児童。皆さんの応援がなかったらこの笑顔に出会えなかったのだな・・・と思うと、改めて感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

 

これからも引き続き見守ってくださいね!!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

●エイズ孤児の描いたイラスト入りサンクスレター
●アフリカンビーズのレッドリボンバッジ

支援者
45人
在庫数
制限なし

10,000

●エイズ孤児の描いたイラスト入りサンクスレター
●アフリカンビーズのレッドリボンバッジ
●サポーターの方の働く福祉施設で作った手作りお菓子の箱詰め
●サポーター認定証(エイズ孤児の写真とメッセージ入り)

支援者
19人
在庫数
制限なし

30,000

●エイズ孤児の描いたイラスト入りサンクスレター
●アフリカンビーズのレッドリボンバッジ
●サポーターの方が作成販売しているイタリア産オリーブオイルなどを使ったオーガニック石鹸(5000円相当)

支援者
9人
在庫数
制限なし

100,000

●エイズ孤児の描いたイラスト入りサンクスレター
●アフリカンビーズのレッドリボンバッジ
●全国巡回した写真パネルの表にお名前を入れてセチャバセンターの壁一面を飾ります。

支援者
3人
在庫数
14

プロジェクトの相談をする