掘り起こせない落花生たち

こんばんは、皆様。

いつも応援ありがとうございます。

 

このところ新着情報を更新できず、悩んでいました。

こんなネガティブな情報をご支援くださっている皆様にお届けするべきなのか、本当に悩みました。

 

今年の私たちの落花生作りは、スタッフがみな、それぞれに仕事を持ちながら時間を作り、みんなでボランティアでの営農でした。

そのため、どうしても仕事の都合でスタッフが集まらないこともたくさんありました。

それでも少しでも時間を作り、この半年間落花生作りをしてきました。

9月、落花生は順調でした。

 

ところがいざ掘り起こそうという時期に雨が降り続き、晴れた日にはそれぞれ仕事が入り、なかなか皆のタイミングが合わずに掘り起こすことが出来ないまま時間が過ぎていってしまいました。

 

スタッフ一同本当に歯がゆい思いで一杯でした。

 

やっとの思いで掘り起こそうという直前に、スタッフの中心者が腰痛で動けなくなってしまいました。

水はけの悪い畑に水を通す溝を掘っていてギックリ腰になってしまったのです。

 

私たちの使っている農業機械は、もう何十年も前の機械で大変古くて重たいカルチという機械です。

それに掘り起こすための刃を取り付けて地の中を掬います。

現在の農家さんはみんなトラクターでやりますが、私たちにはそういった装備がありません。

 

スタッフにはとにかく休養を取ってもらいたいのですが、本業も忙しく、休む暇も無く、なかなか良くならずに大変心配しています。

 

だからと言って作物は待ってはくれません。

兄弟や子供たち、友人が手を貸してくれて何とかカルチを動かしながら、作業を進めました。

 

 

動かしたことの無い機械を動かし、慣れない作業。

上手に操作できずに思ったように作業は捗りません。

それでも地道に作業を続けます。

農業の厳しさを身に染みて感じました。

 

別の日に友人に手伝ってもたった時には、あろうことか、掘り起こす機会の刃が折れてしまいました。

 

 

なんてネガティブなことばかり起こるのでしょう。

本当に悲しくなってしまいました。

もう手で掘り起こすしかないのでしょうか?この広い畑を手で掘り起こしていたら春までに終わらないかもしれません。

 

そう思っていたところ、地元の方が溶接をして下さいました。

なんて有り難かったことでしょう。

 

また、チャレンジが始まりました。

ところは今度は何とタイヤがパンクしてしまったのです。

今、タイヤのチューブを交換する部品を取り寄せています。

本当に事件事件の毎日です。

 

今年の落花生はもしかしたら美味しいものが出来ないかもしれません。

そう思うと、新着情報を更新することが大変苦痛でなりませんでした。

 

ですが、このまま何も言わずにいることは、応援して下さっている皆様に申し訳がありません。正直に伝えさせていただこうと思いました。

 

私たちに本当に必要なのはきっと、皆様からいただいたメッセージのように「頑張って」の心なのだと思います。何度もくじけそうになりながら、背中を押されております。

 

今回このような大変な状況になることで、普段畑に興味のない子供たちも手伝ってくれました。弟や友人とたくさんの話をしながら作業をすることが出来ました。特に世帯が別になってから弟とじっくりと話す機会が無かった私は、今回はとても嬉しく有り難い時間をいただいたと思いました。

 

また、来年はどのようにするべきかを一生懸命考えるきっかけになりました。

 

今年のうちの落花生は不出来かもしれません。

でも絶対に落花生作りをやめません。

 

今年美味しい豆が出来なかったとしても、来年は必ず美味しい豆を作ります。

まだ、結果的にどこまで掘り続けられるのかは分かりませんが、出来るだけ、頑張り尽くします。

 

これに懲りずに応援していただけたら嬉しいです。

 

市内の落花ボッチの風景

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています