動物病院からチャコちゃんの検査結果についてお知らせがありました。

 

数値的には末期の腎不全。貧血も進んでいる。すぐにでも治療にかからないと命に関わる…。

 

チャコちゃんは既に極限状態だったのです(;_;)

 

でもこれが1ヶ月早くても1週間早くても、さほど変わらなかったと思います。

 

猫は犬に比べて飼育が簡単だと言われますが、実際には大変デリケートな動物です。

小さい頃から人と同じ物を食べていたら、濃い味付けを好むようになり、あっという間に腎臓が悪くなります。

 

過去にも高齢者が入院して、止むを得ず引き取った猫が何匹かいましたが、若い猫を除いて、すべて腎臓を患っていました。

 

人間なら具合が悪ければ病院に行けます。猫はギリギリまで我慢して症状が出たときにすぐにでも治療にかからないと手遅れになるのです。

 

チャコちゃんも数値的にはかなり悪い…という事で、臨床的にはどうなのかは、手元に置いて様子を見るしかありません。

 

数値が悪くても、吐き戻しもなく、ご飯を食べて元気に動いているようなら、さほど深刻ではないかもしれません。

 

チャコちゃんには、早く元気になってほしいです。

新着情報一覧へ