スポンサーの募集期間はあと6日間ありますので、できる限りプロジェクトに関する更新を続けてまいります!

 

<プロジェクトのサブストーリー> 

~自助(セルフヘルプ)と共助(エンパワメント)の地域づくり~

 

5月10日・11日の二日間、北海道医療大学 心理科学部の助教 金澤潤一郎先生(臨床心理士)をお迎えして、うつ病など発達障がいの二次障害の予防と改善に効果が期待できる心理療法:認知行動療法と、心理の専門家成人期の発達障がいの理解についてご講演頂き、地域の発達障がい周辺の方々の豊かな暮らしに向けたきっかけづくりを行いました。

 

参加された方として、発達障がいの当事者はもちろん、ご家族、そして医療・福祉の複数の立場の方が来られ、発達障がいの理解を深める機会となりました。

 

 

さて、両日ともに60名を超える方々に参加して頂きまして、大変良い機会を提供できたと思います。

 

とはいえ、主催・運営は結構ハードなもの。

その前から活動がバタバタと続いて、疲労が蓄積・・。

 

こんな時はレモンの40倍ものビタミンCが含まれるという、疲労回復に効果がある『ローズヒップティー』が良いですね。

 

オススメです♪

 

 

ハーブの定植は5月の下旬頃に考えていますが、準備も含めて随時取り組みの様子を更新して行きますので、これからもよろしくお願いします!

 

発達ひろば 三浦潤一

 

新着情報一覧へ