みなさんこんにちは!

月永悠がお送りするプロジェクトブログ残り26日目☆

 

標金額141万6000円、現在62万4000円が皆さんのおかげで集まっております☆

どうも有難うございます。あと79万2000円で目標達成できます(*^_^*)

 

今日の京都は朝から雪が降っており、キーンと冷え切って寒い寒いぃ~。

日本にホカロンとコタツがあって、本当に良かったです。

 

ホカロンを大量購入してフランスに持って帰りたいです。。

寒いより暖かい方が好きな私は今まで南フランスで制作活動していましたが、個展や今後の活動の為にそろそろパリへ移動しなくちゃなぁと思っています。

 

パリ・・寒いんだろうなぁ~・・

 

今後、私はアーティストとしてVISAを取得しようと考えているのでパリに戻ったら色々やる事が満載です。。。プロジェクトと個展の準備をしながらVISA取得とフランス語の強化にも励んでいかなければ!!・・うまく行くことを願います(-人-)祈

 

まずは、1月13日までのプロジェクトの達成に向けてがんばります!

皆様、応援ご支援どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

 

 

 

さてさて。

 

今日はメキシコ時代からの友人である摩耶ちゃんからの応援メッセージを紹介させていただきます♪

 

摩耶ちゃんと出逢ったのは、私が18歳になった頃でした。

全くスペイン語が話せないままメキシコ行の飛行機に飛び乗った18歳の冬・・(笑)

 

ああ。。なつかしい。

 

メキシコシティの空港では学校からの迎えが来ず、電話も繋がらず、夜も遅くなってきてうろうろしてたら案の定タクシーの運転手さん達に囲まれ、唯一パスポートの裏に書いておいた学校の住所を手掛かりに、よくわからないままタクシーに飛び乗ったメキシコ初めての夜・・。

 

スムーズに学校に到着できるはずもなく、運転手さんはハンドルを握らず前も見ずスピード出しまくり、お互いに何を言ってるのかわからないまま、住所も結局よくわからないまま迷いに迷い、映画の様な素晴らしい運転技術に感心し、メキシコシティを走り回ったエキサイティングな夜でした。

 

(詳しく書くと長くなるので省略)

 

 

--------------------------------------------------------------------------

 

 

18歳の時に芸術を学ぶ為 一人でメキシコに渡った 月永悠さん

 

彼女とはメキシコアートアカデミーで知り合った。

 

物静かで大人しそうな 月永悠さん

 

なぜ 遠いメキシコに行こうと決めたのだろうか?

 

大胆な行動力があるので驚いた。

 

 

月永悠さんは絵を描く前に 目を瞑り 瞑想してから 筆を握った、

 

迷いのない手の動きで 幻想的な天使の絵を描いていた。

 

 

10年経っても記憶に残るほど素晴らしいものだった。

 

彼女はとても好奇心旺盛で 太陽の国メキシコで明るい人々と交流した。

 

ダンスをし、旅をして、珍しいものを見て 食べて 積極的に文化に触れていた。

 

美しいものに触れ豊かな表現で美しいものを作る。

 

彼女はそういう人なのだ。

 

 

帰国してからの作品 仏画 日本画は心があり そして、色鮮やかだ。

 

海外に行ったからこそわかる 日本文化の素晴らしさを彼女は知っているのだ。

 

東日本大震災の後 月永悠さんは妹さんと二人で歌手活動をしていた。

 

 

綺麗な心で描いた彼女の絵は人を癒し

 

そして、パワフルな歌声は人を元気にする。

 

 

彼女が日本のアーティストとして世界中の人々に感動を与えることができると

 

私は信じている。

 

 

現在パリでがんばっている 月永悠さんの夢はもう少しで 叶いそうです。

 

彼女は人生をかけて芸術活動に打ち込み

 

人の心に残る絵を描く才能もある、そして行動する勇気もある。

 

あと少し足りないのは 応援です。

 

 

あなたの協力が必要です。どうかよろしくお願い致します。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

現在、摩耶ちゃんは秋葉原でフィギュアを販売しています。

可愛いフィギュアいっぱいありますよー!

 

アストップ ラジオ会館 ケース A-64 *A-68 *B-14 *E-81*E-74 にて

アニメのフィギュア販売中

http://www.astop.co.jp/map

 

 

 

新着情報一覧へ