みなさんこんにちは。

株式会社FirstLineの内野です。

 

今回、弊社のプロジェクトを見て下さっている皆様にも

共有させて頂きたい嬉しいニュースがあります。

 

NGO団体PIF(Pay it Forward)

 

今回のクラウドファンディングのプロジェクトを初め、

弊社のカンボジア事業にあらゆる面でご協力して

下さっているのがNGO団体PIF(Pay it Forward)です。

 

リッダーさんの日本渡航の手続きや、イベントで販売する

フェアトレード製品の仕入れなどもお願いしています。

 

そのNGO団体PIF(Pay it Forward)が、この度、

カンボジア政府(教育省)と日本の一部上場企業の

アウトソーシング社との協業事業にて、

カンボジアに公立の学校を建てるという

ニュースが入ってきました。

 

これは、日本人運営では初となるカンボジア国内での公立学校設立となります。

 

公立学校建設予定地にて

 

最終的には、孤児院や貧しい子供達に、無料で日本語や日本的な道徳、

物作りなどの技術を教えて、日本企業で働けるように支援したり、

日本への留学を支援していき、カンボジアの真のリーダーを育て

日本とカンボジアの成長と発展に寄与出来る人材を育てたいとの事でした。

 

日本人の心からの想いで運営していく学校が政府の公認で運営できる

これは、今後のカンボジアと日本が共に成長していける新しい風に

なるのではないでしょうか?

 

そして、今回お招きするリッダーさんのようにカンボジアのこれからを

背負う若者たちが、あらゆる可能性に触れることが出来るようになって

欲しいと感じました。

 

リッダーさん通訳の下、子供達と交流

 

以前もお話させて頂きましたが、

今回、私たちがクラウドファンディングという

手法を選んだのには訳があります。

 

それは、「多くの人の目に触れるから」という理由です。

 

カンボジアはまだまだ色々なものが足りていないと、

私たちは現地を見て感じました。

 

カンボジアの現状を多くの方に知って頂くことで、

まだ知り合っていない、カンボジアに何か新しい可能性を

作れる方に出会うことが出来るとも考えております。

 

今回は「カンボジアの青年の夢を叶えたい」という小さな願いですが、

それを足がかりにもっと色々なことができると考えています。

 

是非、皆様のお力で今回のプロジェクトを

より多くの方にシェアして頂き、

お伝え頂ければとてもうれしいです。

 

そして、リッダーさんを是非日本に招きたいです。

ご協力よろしくお願いします!

 

カンボジアの孤児院の子供達

 

新着情報一覧へ