約60年前、昭和40年に相馬市誘致第一号として進出し、今に至る縫製工場
株式会社 福装21の会長である笠原忠雄からのメッセージです。

 

福装21もこの度のファッションショー(福島相双オールファッションチャレンジ)の参加工場の一つで、笠原会長には代表も務めていただいています。

 

--------------------------------------------------------------------------

 

”夢をカタチに”から始まったファッションショーも今年で3回目。

たくさんの応募の中から数十点しかカタチにできなくてごめんなさい。

ぜ~んぶ、カタチにしたい優秀なデザインばかりです。

 

皆さんの思いを込めた代表作を現在制作中です。

頭をひねりながら。

数点出来上がってボディ(マネキン)にかかってますが、素晴らしい出来上がりです。

 

デザインから”カタチ”になってくると洋服に魂が入ってくるようで

夢の世界に引き込まれそうな感じになります。

 

”ファッションは人間の心を変える”本当ですね!

 

ワクワクする服、恋する服、旅に行きたくなる服、元気になる服、

皆さんからの応募のあったデザインはそんな素敵な顔を持っています。

 

楽しさいっぱい!ロマンいっぱい!

ファッションショーでお会いしましょう!!

 

--------------------------------------------------------------------------

(写真は福島相双オールファッションチャレンジでの一幕)

新着情報一覧へ