2015年に現地調査で確認した南西諸島における淡水ガメの分布を発表してきました。

水辺の外来生物問題は、魚類だけではなく、ザリガニやカメ、カエルなど他の外来生物も含めて考えなければいけません。いずれもアメリカ原産の外来生物ですがオオクチバス(ブラックバス)やウシガエルを駆除したらアメリカザリガニが増えたといった事例もあります。

 

会場では懐かしい人との再会や、今後につながる新たな出会いもありました。

そして本日までに本プロロジェクトのご支援も複数いただきました!!

 

セカンド・ゴールの達成も目指しておりますので、引き続きご支援、拡散のご協力よろしくお願いします。

新着情報一覧へ