READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

子どもの「自己実現」を全力で応援する「第三の居場所」をつくりたい!

Junichi Iwahane

Junichi Iwahane

子どもの「自己実現」を全力で応援する「第三の居場所」をつくりたい!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は8月9日(月)午後11:00までです。

支援総額

115,000

目標金額 300,000円

38%
支援者
17人
残り
13日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
1人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は8月9日(月)午後11:00までです。

1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

始めまして! 子どもたちに「第三の居場所」を提供するGRIT LEADERS SCHOOL(以下GLS)のスタッフをしています岩羽純一と言います。

 

最初から私事で恐縮ですが、13年という時間を教育現場で子どもたちと共に活動してきました。その中で、「公教育の大切さ」と、「一人ひとりに十分な支援が行き届かない歯がゆさ」をずっと感じていたのです。

 

そのような「学校では行き届かない部分を充実させたい!」という思いから、GLSを手伝うことになりました!

 

今回、我がGLSが達成したいプロジェクトは、

 

「『学校』でも『家庭』でも、何だかうまくいかずに自信がもてない。」

 

という子どもたちに第三の居場所を提供するというものです!!

 

僕が現場でずっと感じてきたことは、

 

もっと時間をかけて適切な支援ができれば、伸ばすことができるのに。

 

という、子どもたちの存在。

 

もちろん、教育現場の先生方は自分の身を削って精一杯やっています。

 

しかし、「子どもたち35人に対して教師が1人」というシステムでは、「本当に必要なタイミングで必要な支援を必要な方法で十分にする。」ということは、難しいと言わざるを得ません。

 

そんなシステムエラーをしばらく嘆いていたのですが、気付いたのです!

 

「変えられないこと嘆き続けるのではなく、『学校』や『家庭』でケアできないところを、『地域』で支えようではないか!」

 

ということに。

 

これが、今回のプロジェクトの主旨です!!

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ・内容

 

教員生活13年。これまで、「子どもたちに楽しくて分かりやすい授業を提供する。」ということをとことん追求してきました。

 

しかし、予期せぬ臨時休校。子どもたちの元気な声が、学校から消えました。

 

臨時休業も1か月が過ぎた頃、卒業生から度々連絡が入るようになったのです。

 

 

「お父さんとお母さんが、毎日けんかをしています。私はどうしたらいいんだろう。」

 

「職場の社長さんが、いつもいらいらしていて、僕を怒鳴るんです。もう会社へ行くのが嫌。」

 

 

もちろん、「誰も経験したことのない先行きの見えない不安」が、気持ちをざわつかせてしまった部分は大きいでしょう。

 

そんな卒業生の悲痛な叫びを受け止めながら、僕自身がこれまでずっと抱えながら目をつむってきた1つの疑問が浮き彫りになったのです。それは、

 

「学校教育は、本当に子どもたちが望んでいることを提供できているのか。」

 

「本当は、もっと子どもたち一人ひとりに合わせて取り組みが必要なのではないか。」

 

ずっと蓋をしていたそんな思いが、理不尽な悲しみを被っている子どもたちの姿とリンクし、「自分にできることはないか。」と自問自答する日々が始まりました。

 

そして、思い立ちました。

 

「まずは、自分にできることをやってみよう。」

 

そう思い立った僕は、2020年8月から立ち上がった「無償で子どもたちへの学習支援・コミュニケーション支援」をしていたGLSにて支援を始めました。

 

ホームーページ→ g-l-s.net

 

当時のGLSは、本当に何もないところからのスタートをきっていました。

 

救われたのは、「来てくれる子どもたち」「無償で協力してくださるボランティアさん」

 

そして、なんとか約1年間。こつこつと活動を積み上げてくることができたのです。

 

しかし、支援のニーズが高まるにつれ、

 

「場所」「教材」のような「経費」の問題が発生。現在は、相鉄線和田町駅から徒歩10分という好立地の場所を、ご厚意により無償でお貸しいただいている状態です。

 

もちろん、「教室」というつくりではないので、学習支援用の設備は整っていません。

 

 

そこで、活動に賛同していただいた方の支援を、子どもたちの「学習支援」に使わせていただきたいと考えています。

 

さらに、「子ども一人ひとりに適切な学びを。」という理念を達成するためには、やはり支援するスタッフも必要になってきます。

 

このような理由から、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

リターンについては、「子どもたちの学習の一環として取り入れられるもの」を設定させていただきました。

 

「子どもたちの成長」を共に見守ってください!

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

現在、通ってきてくださる子どもたちのニーズとしては、

 

・コミュニケーション支援 3名

・学習支援 13名

 

となっています。

 

いただいた支援金の使い道は、

 

①子どもたちへの「教材」提供

②学習環境の整備(ホワイトボード、机、椅子等)

③支援員さんへの謝礼

 

を考えています。

 

「問題集」や「映像教材の導入」はもとより、書字が難しいお子さんもいますのでタブレットの導入もできればと考えています。

 

さらに、今後の展望として、

 

「平日の放課後学習支援の実現。」

 

を目指しています。

 

僕も含め、スタッフ全員が子育て世代真っただ中。自分の子どもたちと共に、通ってくる子どもたちの支援にあたっております。そのため、現状は、

 

「日曜日の午後の時間帯を使った支援。」

 

に留まっており、平日の支援はお断りせざるを得ない状況です。

 

しかし、「平日にも支援してほしい。」という要望や「もっと、支援回数を増やしてほしい。」というお声をいただいています。

 

そこで、「支援協力者の増員」が急務だと考えました。

 

もしも、御支援をいただき、一歩ずつ進むことができたのなら、今後は、

 

・平日の学習支援提供

・子ども食堂として夕食の提供

 

を目指しています!!

 

「『学校』が終わって教室へ到着。学習支援を受けた後、みんなで夕食。食べ終わった頃、親御さんのお迎え。」

 

というサービスを提供したいのです!

 

まだまだ、道のりは長く険しいとは重々承知していますが、

ここで止まってしまうと、子どもたちの可能性も止まってしまうことになります!!

 

ぜひとも、御支援をよろしくお願いします!!

 

GRIT LEADERS SCHOOL 

代表     岩羽 紗由実

支援スタッフ 岩羽 純一

 


【プロジェクト終了要項】

●運営期間    
2021.06~2022.03

●運営場所    
神奈川県横浜市保土ケ谷区和田1-18-28

●運営主体    
GRIT LEADERS SCHOOL

●運営内容詳細    
小学生を対象にした学習支援のために必要な道具、教材の購入。ボランティアスタッフの謝金に充てる。

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

Junichi Iwahane

Junichi Iwahane

小中不登校から小学校教員に。 【「ママ」に笑顔を!「子ども」に自己実現を!】テーマとして、 無償で学習支援を提供するGRIT LEADERS SCHOOLにて学習支援を担う。 自分に「自信」をもち、「自己実現」に向かってチャレンジできるような 「第三の居場所」づくりに奮闘中!!

リターン

1,000

子どもたちから「お礼の言葉」メール

子どもたちから「お礼の言葉」メール

●心を込めた「お礼の言葉」送らせていただきます。
※メールのみでの発送となります。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

5,000

子どもたちから「感謝のメッセージ」メール

子どもたちから「感謝のメッセージ」メール

●心を込めて書いた、「感謝のメッセージ」を送らせていただきます。
※メールのみでの発送となります。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

10,000

子どもたちから「がんばったこと報告」メール

子どもたちから「がんばったこと報告」メール

●心を込めて書いた「感謝のメッセージ」を送らせていただきます。
●子どもたちが、「がんばった成果」(製作物や報告書)などを送らせていただきます。
※メールのみでの発送となります。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

プロフィール

小中不登校から小学校教員に。 【「ママ」に笑顔を!「子ども」に自己実現を!】テーマとして、 無償で学習支援を提供するGRIT LEADERS SCHOOLにて学習支援を担う。 自分に「自信」をもち、「自己実現」に向かってチャレンジできるような 「第三の居場所」づくりに奮闘中!!

あなたにおすすめのプロジェクト

新型コロナウイルスを気にせず通常通りの手術を行える仕組み開発

酒井 渉酒井 渉

#医療・福祉

0%
現在
30,000円
支援者
3人
残り
33日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする