更新5回目はプロジェクトメンバーご紹介!!!

 

映画界から木村好克監督と岡林修平プロデューサー参入!!!

素敵なお二人を直撃インタビュー。

 

 

ー木村監督インタビュー。今回MAYUPOプロジェクトを聞いてまずどう思われたでしょうか。

 

一番には菱沼さんの描かれたイブの誕生のようなオリジナルのMAYUPOのデザイン画に強くインスピレーションを受け、映像化ができる!と思いました。またショーのランウェイを歩かせたいと聞いてイメージが浮かびました。

 

ーこのプロジェクトを通じて何を伝えたいですか。

 

人間との共存です。もともとブレードランナーなメトロポリスなどロボットに興味があり日本人と西洋人の考えるこの課題の考え方の違いを表現したい。西洋はロボットは工業物という概念であるのに対し日本人は例えばドラエモンのように友達にもなりえるという独特の平和的な敬いがありその違いがとても興味深く、今回の自分のテーマでもあります。

 

ー今回の映画は笹口さんと木村さんの2人の監督で2つの異なる演出が交わりながら構成されるというのも見どころの一つです。とても楽しみです。

 

それも共存です(笑)。全く異なるスタイルです。

 

木村好克  映画監督

 

1973年生まれ。大阪府出身。プロダクション・アイジー所属。

大阪芸術大学大学院卒業後、助監督として映画の世界に入り多数の作品に

参加。2011年、映画「KG カラテガール」で監督デビュー。2012年、連続ドラマ「スープカレー」にてチーフ監督を務める。脚本として映画「ハイキック・ガール!」他。

ネスレシアターon YouTubeにて現在公開中のWebドラマ「踊る大宣伝会議、或いは私は如何にして踊るのを止めてゲームのルールを変えるに至ったか。」第1話~3話は合計視聴数が300万回に迫っている。

最新作は4月からスカパーにて放送の連続ドラマ「PANIC IN]。

 

 

 

岡林プロデューサーにインタビュー。

ーこのプロジェクトのクリエイター集団のラインナップをどう思いましたか。

 

普段自分が仕事をしている映画業界ではない面白い人達が集まっているので

接したい、個人の楽しみをもっと引き出したいと思いました。

そして直感で笹口さんの撮る自主映画をのぞきたい!と感じました。

 

ーこのプロジェクトのやりがいについて

 

リハーサルで思いましたが、全く段取りのない世界、面白さがあり、

それぞれが発するクリエイティビティーはまとまる必要がないのです。

観る人によっていろんな捉え方があっていい。反射して返ってくるもの

を僕がみたいのです。

 

そして木村さんと同じで人間とロボットが共存できると信じているので

それを伝えたい。その考え方にこそ日本人の原点があると思うのです。

 

岡林修平  プロデューサー

 

2015  GARM WARS              プロダクションスーパバイザー

2015  恋とオンチの方程式      プロデューサー

2013  GI Joe2: Retaliation            プロダクションマネージャー

2013  白い息          ラインプロデューサー

2012  名無しの十字架      プロデューサー

2011  セカンドバージン     ラインプロデューサー

2011  ロストハーモニー     プロデューサー

2011  冬の日          ラインプロデューサー

2011  少女達の羅針盤      アシスタントプロデューサー

2010  Inception                             プロダクションマネージャー

 

 

如何でしたでしょうか。お二人は笹口さんとは映画「甲殻機動隊 FORESEEING 2027]でご一緒された最強チームです。

このプロジェクトにかける熱い思いを語って頂きました。

 

そしていよいよMAYUPO登場間近!!!

先日のリハーサルでは首藤さんと中村さんとダンスのリハーサルを

行いました!!!

乞ウご期待ください!!!!

 

 

 

引き続きこのプロジェクトが成功致しますよう、どうかご支援を

宜しくお願い致します!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ