プロジェクト概要

2014年12月23日、埼玉県西公民館で、さまざまな困難と共に生きる子どもたちと合唱コラボレーション・クリスマスコンサートを開きたい!

 

はじめまして、大田えりです。現在ドイツ、ハンブルク在住の音楽家です。この冬、日本に一時帰国し、病気や兄弟を天国へ見送るなど、さまざまな辛い境遇にも負けずに日々を過ごしている子どもたちと、合唱コラボレーションをし、音楽を通して多くの方に“命の大切さ”を伝えるコンサートがしたいと考えています。しかし、コンサートの開催費用が不足しているのです。

 

そこで、みなさまにはコンサートの開催に向け、お力をお貸し頂ければと思います!

 

(こちらは共演の児童合唱団です。)

 

「輝く命の歌声、クリスマスコンサート」
メンバーは全員、色々な経験をしていてだれよりも命の大切さを知っているからこその、伝える力を持っていると思います。

 

当日出演予定で募集している子どもたちは、小児がん経験者や各種難病と闘病中の子どもたち、またそれを支える(支えた)兄弟姉妹たちをはじめ、不登校やいじめ等、さまざまな困難に挑む子どもたちです。歌が上手下手、好き嫌いは関係ありません。メンバー同士が一人ぼっちじゃない!と、支え合える関係を目指しています。全力で応援してくれる元気な子どもたちも一緒に出演し、社会に壁を作らず、誰でも主人公になれて必要とされることが実感できる合唱団を目指しています。

 

もし出演希望者が失語症や聴覚障害のお子さまでも、簡単な打楽器を演奏しステージに上がってもらうことができます。彼らは、普段何かボランティアを待っていることが多い立場かもしれませんが、このコンサートでは自分が主役となり、「それぞれの命の必要性、誰かを喜ばせることができた!」ということを実感して欲しいと考えています。また、聞いて下さる方々に、子どもたちの生きざまそのものが、見本となって勇気と感動を受け取っていただけたらうれしいです。

 

(2013年東京ドームシティーホールにて、「私の夢」をコンサート中に話している写真です。)

 

 


今回のプロジェクトを立ち上げた理由。


数年前、私は音楽家にとって致命的な耳の病気を発症し、ドクターストップや休職退職など経験しました。しかし、15歳のころ“音楽家になりたい!”と決意したのは、音楽で子どもの命を救う活動をしているバイオリニストの五嶋みどりさんへの憧れからでした。音楽って人の命を救えるんだ!と知った中で、ここまで突っ走って来た音楽家人生を、耳の病気で諦めることはできず、いつ最後の舞台になるかもしれないこの貴重な時間に夢を叶えよう!と、今回のコンサートの開催を決めました。

 

「芸術は誰かのために使ってこそ芸術」という思いや、「命は有限」という思いから、だったら、思う存分やりたかった子どもたちとの共演の舞台を選びました。本番までの間、合唱だからこそできる他を思いやるメンバー同士の関係を合唱団内で築きたいと思います。そして、自分と同じように辛い経験や困難に立ち向かう経験をしてきた子どもたちと一緒に、「困難は時には大切なプレゼントをくれる」というメッセージや「誰にも負けない勇気や愛、強い優しさを持てること」という経験を、言葉では伝えきれない思いを、私の音楽人生の全てをかけて“子どもたちとの合唱”を通して伝えたいと思いました。

 

今回のコンサートがもたらすもの。

 

コンサート中は、MCを通して、認知度が低く治療研究の進まない難病に関する情報の発信を目指しています。そうすることで、知られていなかった病気の認知度の向上とさらには、治療研究が少しでも進むことに貢献できればと考えています。子どもたちは、来場者からの拍手を受けることで、自分の命(存在)がこんなにも人に感動を与え、必要とされていると、実感することができます。

 

みなさま、ご支援どうぞよろしくお願い致します!


★ コンサート開催場所★
【開催日時】

2014年12月23日 11時半開場 12時開演

【場所】

西公民館

埼玉県川口市飯塚2丁目3−3


★引換券のご紹介★
A.ポストカード
ⅰ:3枚ひと組の手作りポストカード1種類(大田えり自身によるオリジナル光のトリックを使った画法)
ⅱ:3枚ひと組の手作りポストカード 2種類(大田えり自身によるオリジナル光のトリックを使った画法)
ⅲ:手作りスペシャルポストカード 1種類、直筆サイン入り(大田えり自身によるオリジナル影絵処女作品)

 

 

B.お写真付きサンクスレター

 

C.あなただけへの大田えりのソロでのオリジナルCD

ⅰ:大田えりによるソロ曲あるいはアンサンブルを1曲収録したCD
ⅱ:引換券所持者だけへのオリジナルメッセージと3曲収録したCD

 

D.オフィシャルサイトへのお名前の掲載
*オフィシャルサイト