READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

カンボジア初の消防学校を設立し、救える命が救われる環境を!

正井 潔 

正井 潔 

カンボジア初の消防学校を設立し、救える命が救われる環境を!

支援総額

1,450,000

目標金額 1,000,000円

支援者
79人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2015年12月02日 22:48

どうしてカンボジアに消防学校を作ることになったの?

 どうしてカンボジアに消防学校を作ることになったの?
どうして、国際貢献をしようと思ったの?
なんで?どうして??

と、疑問に思ったり、不思議に思ったりされる方は、沢山おられることと思います。
特別な信仰があるとか、何かの国際貢献団体に所属していたワケでもありません。

「すべては、一枚の名刺から…。」

もう10年以上も前のことですが、JPR理事長の正井潔氏が当時勤めていた消防署(救急管理職)で、若い職員から相談を受けたことから、すべてが始まったようです…。
(JPR公式ホームページの設立経緯を参照して下さい)

私自身もそうですが、多くの人達は安定した日常、安定した暮らしのため、日々一生懸命頑張っています。

でも、心の中には非日常を求めたり、冒険してみたい気持ちが存在するのですが…、中々勇気がなく実践することも難しい現実があります。

何かのキッカケがあったとしても、勇気と自信、行動力や忍耐力、そして情熱と言った幾つもの要素が必要なのかも知れません。

反面、勇気と行動力があれば、“何かを始めること”は誰にでも可能なこと、と言えます。

JPRが発足して10年。

途上国に支援するということで、思いもしない出来事や幾多の困難、そして数多くの試練に直面し、何度もリタイヤしかけながら続けてきた支援…。

支援が成功した時の喜びや感動、そして人と人の信頼関係、友情を築いてきた喜びは、「かけがえのないもの」で支援に参加した者達の感想文や支援紀などに表れています。

JPRが歩んできた道のり…
是非、公式ホームページやこのFacebookの過去記事、JPRブログなどをご覧下さい。

10年という歳月で、非常に多くの記事がありますが、写真を中心に作成していますので、観て頂くだけでも「何をしているのか」「どんな団体なのか」が御理解頂けるものと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

◼︎カンボジアの消防学校の責任者から、支援してくださった皆様へ感謝の手紙をお送りします。

支援者
28人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年3月

10,000

◼︎カンボジアシルクのスカーフ(クロマー)
◼︎私たちの活動報告会にご招待

◼︎カンボジアの消防学校の責任者から、支援してくださった皆様へ感謝の手紙をお送りします。

支援者
34人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年3月

30,000

A4aad54978b766d872b2ce57d74ea9fb38bcfc96

◼︎日本国際救急救助技術支援会(JPR)のオリジナル帽子

◼︎カンボジアシルクのスカーフ(クロマー)
◼︎私たちの活動報告会にご招待
◼︎カンボジアの消防学校の責任者から、支援してくださった皆様へ感謝の手紙をお送りします。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年3月

50,000

47265d90c2cb5276e8bf797003bf34365e4cbb89

◼︎日本国際救急救助技術支援会(JPR)のオリジナルTシャツ

◼︎日本国際救急救助技術支援会(JPR)のオリジナル帽子
◼︎カンボジアシルクのスカーフ(クロマー)
◼︎私たちの活動報告会にご招待
◼︎カンボジアの消防学校の責任者から、支援してくださった皆様へ感謝の手紙をお送りします。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年3月

100,000

◼︎カンボジアの消防学校責任者から公式に発行される感謝状と盾をお送りします。

◼︎日本国際救急救助技術支援会(JPR)のオリジナルTシャツ
◼︎日本国際救急救助技術支援会(JPR)のオリジナル帽子
◼︎カンボジアシルクのスカーフ(クロマー)
◼︎私たちの活動報告会にご招待
◼︎カンボジアの消防学校の責任者から、支援してくださった皆様へ感謝の手紙をお送りします。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年3月

プロジェクトの相談をする