ご支援いただいたRRC711部隊の活躍とJPRの新たな挑戦

6月22日午前5時頃、海沿いの観光都市、シアヌークビルで建設中の7階建のビルが崩壊。多数生き埋め状態のため、RRC711部隊は空軍のヘリに多数の救助資機材と15名の隊員と出動。

シアヌークビルの防災学校に配置になっているシアヌークビルRRC711部隊(15名)と合流し、カンボジア軍 RRC711 部隊責任者の Soy Narith 中将が指揮を執り、数人を救助する姿が日本のメディアでも流れました。
JPRが10年かけて育成した部隊が、本当に本物の部隊になりました。

 

そしてJPRは、新たな挑戦の一歩を踏み出しました!

次の「現場」はラオスです!

これまで同様にRRC711部隊を支援し、ラオス赤十字救急隊の技術支援に向かいます!是非、こちらもご協力ください!!

 

https://readyfor.jp/projects/laoredcross119jpr

 

 

JPRラオス担当 若松 淳(まこと)

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています