日本と同じことをしようとしてもモノがない。

 

ですので、

 

とりあえず、ステンレスのテーブルで処置してます。

辛いです。腰が。心が。(笑)

ので、

診察台とか入院犬舎を作ろうと思いました。

ここには動物病院の設備を知ってる人はいません。

オール輸入ものですから。

 

作るとなるとゼロから作らねばなりません。

ゼロってどこからかお分かりですか?

 

ステンレスの材料屋さんと板・棒から作る。

 

あーでもない、こーでもない。

数時間に及ぶ討論。35度の中で楽んでます。

そして、

渾身の診察台の完成。

見た目は喫茶店のテーブル。

でも、丈夫ですよ。

 

先日、入院犬舎ができました。

たぶん、カンボジア初(笑)

日本では見たことないスライドドア(下段)

新たな入院犬舎が日本でも生まれるかもしれませんよ。


診察台は体重計や昇降式なんてとても無理です。

犬舎の3Dの角面なんて日本の技術すごいって思います。

ちょっとしたことでも感動。

 

そして、

今までの20年以上の臨床獣医師としての経験が

こんなところで役に立つな〜と

笑える年になりました。

 

仲間が増えるといいな〜

そして、カンボジアの方達も

いろんな経験を積んで発展してほしいな〜

 

少しづつ、動物病院ぽくなってます。

新着情報一覧へ