クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

東北ブランドの気仙椿ハンドクリームで、被災地から世界につながる産業をつくる!

佐藤 武志

佐藤 武志

東北ブランドの気仙椿ハンドクリームで、被災地から世界につながる産業をつくる!
支援総額
2,167,000

目標 2,000,000円

支援者
253人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
36お気に入り登録36人がお気に入りしています

36お気に入り登録36人がお気に入りしています
2013年05月11日 21:22

青松館、椿油事業担当者の紹介

 

5月1日の新製品試供会 の為、陸前高田を初めて訪れた大学生インターンの港道が
「気仙椿ドリームプロジェクト」の大切なパートナーの
方々にお話を伺ってきました。
 
今回ご紹介するのは、
青松館の椿油事業担当の清水さんです。
 
青松館に関しては、東海新報さん の素晴らしい記事があります。
ここで一部引用させて頂きますが、ぜひご一読頂きたい記事です。
 
陸前高田市気仙町にあった製油所が東日本大震災を機に廃業を余儀なくされ、伝統の灯火が消えようとしていた気仙の特産品・椿油。この技術を継承して地域の復興につなげ、障がい者の所得向上に役立てようと、社会福祉法人・大洋会(木川田典彌理事長)が運営する米崎町の就労継続支援B型事業所・青松館が製油所関係者の協力を得て作業に取り組むこととなった。
( 2011年10月22日付 5面 記事より一部引用)
 
 
【清水さんの紹介】
清水さんはこれまで青松館・中村館長とともに事業を引っ張ってこられた方で
現在は、椿油事業担当として石川製油所の石川さんから精油技術を学ぶことを初め
精油現場の責任者をされています。
 
 
 
Q:今の心境をお聞かせください。
A:石川製油所、地域の産業を自分たちが責任をもって継承して行きたい。
 
Q:今後一緒にやって行くにあたって、気仙椿ドリームプロジェクトに期待することはありますか?
A:12月以降の収穫時期に向けた種拾いシステム作りを構築したい。
そのための気仙椿ドリームとの提携をはっきりさせたい。
 
 
新しい事業を行うことや、当プロジェクトに協力することに、一時は葛藤があったものの、現在では東北唯一の製油所であった石川製油所を継ぐことに誇りをもってお仕事されている清水さん。
とても穏やかな優しい雰囲気の方で、気持ちよくお話しさせて頂きました。
 
現在、青松館の駐車場に建てられたプレハブ工場で製油作業が行われ、
その椿油が「気仙椿ハンドクリーム」にとなって皆さんの手に届けられます。
気仙椿油100%にこだわったハンドクリームは、こういった製油事業の継承を後押しする役目も担っています。
 
みなさんから頂くご支援は、
椿油精製に欠かせない椿の森を守る活動や
種を集める仕組み構築を推し進めるためにも使わせて頂くこととなります。
 
 
人々の想いが重なった椿産業の継承のお手伝いさせて頂くため、
引き続き、みなさんのご支援、ご協力をよろしくお願いします!
一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

①気仙椿ドリームプロジェクトからのお礼状
②気仙椿ハンドクリーム×1本

支援者
163人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

①お礼状
②気仙椿ハンドクリーム×4本
③活動報告書

支援者
76人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

④【気仙椿ピュアオイル】×1本
⑤【気仙椿の苗木を植樹】×1本
  *贈呈者のお名前、あるいは、
    贈呈者の希望されるお名前を椿に命名
  *あなたのドリームを記載
  *記載する寄贈日を指定できます
  *植樹候補地は陸前高田市竹駒町周辺を予定

①と③
②ハンドクリーム×3本

支援者
11人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

⑥【世界の椿館 ペア招待券】
⑦【気仙椿ドリーム推薦民宿「志田」ペア宿泊券】

①と③
②ハンドクリーム×5本
④ピュアオイル×2本
⑤気仙椿の苗木を植樹×2本

支援者
3人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

①と③
②ハンドクリーム×10本
④ピュアオイル×2本
⑤気仙椿の苗木を植樹×2本
⑥世界の椿館ペア招待券
⑦気仙椿ドリーム推薦民宿「志田」ペア宿泊券

支援者
2人
在庫数
制限なし

500,000円(税込)

⑦【新商品開発に参加!】
(En女医会の皆さんなどとの商品開発の打ち合わせ)

①と③
②ハンドクリーム×10本
④ピュアオイル×5本
⑤気仙椿の苗木を植樹×5本
⑥世界の椿館ペア招待券
⑦気仙椿ドリーム推薦民宿「志田」ペア宿泊券

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする