10月に行われる「子どものまち・いしのまき」の4つの会議&ワークショップを行いました。



午前中のこども会議では、それぞれの夢や特技を考え、

各自の仕事の分類を決めてもらいました。
そして、8つのチームに分かれ、各グループで、各自の特技と仕事を掛け算して、沢山の仕事のメニューづくりやお店づくりのアイディアを出し合いました。

例えば
・図工×食=盛り付け、お皿づくり、部屋の装飾づくり
・散歩×ものづくり=出前型工作教室、散歩に役立つグッズ開発
・大声×芸能=司会、警備員、芸人 など
各グループ20コ以上の仕事のメニューやお店づくりをしました。
さらに、イベント当日は、時間や場所、予算が限られてくる中で、それらをどのように実現できるか、具体的なアイディアを出し合いました。
昨年参加した子どもと今年から参加した子どものやりたいことの違いや
イメージの共有ができないなど子ども同士でぶつかる場面もありましたが、
それも社会勉強です!!

その中でどのようにお互いにHAPPY&HAPPYになるか話し合うことが重要。
そのプロセスに意味があるのです。
みんな最後まで2時間集中力を切らさず話し合いました。

夏休みは、各グループで視察や打合せをして、
第3回目の会議にのぞみます。
どんな仕事が生まれるかとても楽しみです。
 

新着情報一覧へ