【終了まであと2日】ついにカウントダウンがはじまった。あと68時間弱で、71万2千円もの大金を集めなければならない。

 

テレビに出たこともなければ、著書があるわけでもない。もちろん、Wikipediaにも載ってない。高橋邦之なんて、誰も知らない。無茶だったのかな。

 

でも、どうせなら、せっかく支援してくれた方に、どんなバッググラウンドがあるかだけでも知ってもらえたら。そう思って、エストニアでビジネスをはじめたころの話をアップした。

 

「10年前多分買い付けた頃のニットのコート今でも新品同様で着ています」

 

信じられないコメントが飛び込んできた。10年前に買ったものを、まだ大事にしてくれてる方がいる。そして、新しいチャレンジも応援してくれている。

 

俺は間違ってなかった。

 

モニターがにじんだ。

 

もっとエモーショナルでわかりやすいプロジェクトにしたほうが、あるいは、コストのかからない引換券で目標額を下げれば、達成しやすかっただろう。

 

でも、メコンブルーの起源、行程、織り手さんなどについて伝えるための本、そしてメコンブルーを愛するコミュニティができなければやる意味がない。

 

そんな、成功事例やマーケティングを無視した、熱いだけのわかりづらいプロジェクトに、113人もの方の応援をいただきました。facebook「いいね!」ボタンカウンターは、なんと702名!!

 

・高橋さんの静かで熱い挑戦と、チャンタさんの夢と行動に、微力でも加担させてください!

・確実な想いの連鎖が、世の中を少しでも良いほうに変えていけると信じて、このプロジェクトを応援します!
・応援しております。いつかカンボジアでお会いできればと思います。
・が ん ば れ
・高橋さん、結婚式ではありがとうございました。いつも夫婦で応援しています!
・Hope your dream come true!
・チャンタさん、メコンブルーの女性のみなさん、高橋さん、かかわるすべての人たちが笑顔で、素晴らしい製品を作り、さらに世界中の人をメコンブルーを通じてハッピーにしていただけるよう、応援させていただきます!
・メコンブルーの色には眼にみえない糸がたくさん編み込まれていることを知りました。私にできることは僅かながら、高橋さん皆さんを想い、橋を一緒にかけるお手伝いができたら、と常に思っています。

 

などなど、書ききれないほどたくさんのお声に勇気づけられています!!感謝しかありません。

 

決してあきらめません。最後まで這いつくばっても前に進みます。

 

10年20年30年先まで、メコンブルーに、寄り添って歩み続ける輪を作りたい。どうぞ応援お願いします!!!!!

 

(画像は「100キロ」踏破した高橋)

新着情報一覧へ