昨日も静岡県安倍川の支流の藁科川を撮影していました。昨日は、一昨日の福養の滝よりもさらに上流部です。ほぼ最源流域に近いところで、七峰山という急峻な山を登山口から2時間半ほど登った辺りです。

一昨日の福養の滝よりもさらに水は磨きがかかったように透明でした。

峰の辺りの気温が急激に下がり、雲が峰にかかりはじめて、ガスりそうになってきたので、撮影は早めに切り上げて戻りました。

源流の水はこんなに美しいのに、川の河口部の水はなぜあれほど濁ってしまっているのか。私たちの暮らし方を私たち一人一人がもっと水を思いやる生活意識に変わって行けば、理屈的にはこの水がこの美しい水のまま海に流れ出ることもできるはずです。

子どもたちと一緒にニッポンの川と海の水をキレイにしていく活動。

ぜひご支援ください。

よろしくお願いします!

新着情報一覧へ