こんにちは(^^)小野翠です!

 

私の将来の夢は、「日本と外国をつなぐ仕事」をすることです。
でも、はっきり言って、まだ具体的に何をしたいのか分かっていません。

 

もともと理系の科目が得意なので、理系の大学に行って、そこから入れる会社に入ってぎちぎちにパソコンと向かって仕事するんだろうな、とか、先生になるのもいいな、とか、ただ漠然としか将来について考えたことがありませんでした。

 

しっかり将来の夢を考え始めたのは前回のstoryでも書いたアメリカへの短期留学を終えてからです。
それまで理系の職業に就くことしか考えてなかったのに、初めて「好きなこと、楽しいことをしたい」ってそこで思いました。
私が好きなことは、友達になること、外国、地元…
って考えたときに「日本と外国をつなぐ」っていうのがでてきました。

 

いわき市には「いわき生徒会長サミット」というものがあります。(詳しくは根本直哉のstory第1章に書いてあります。)
その活動の中に韓国派遣があり、私は中3の秋に韓国に行きました。
そこで、現地の中学生と交流をした時に、「日本人って悪い人たちばっかじゃないんだ」って言われたんです。私は衝撃を受けました。
確かに、日本と韓国の間では政治的な問題がいくつかあります。
でも、実際に現地に行ってみるといい人はたくさんいます。
そうやってお互いに嫌っているって損だと思うんです。
確かに、政治的な付き合いも大切だと思うけど、私はそうじゃないことをしたい。
そういう意味での外国と日本をつなげる仕事をしたいと思っています。

 


また、私がTOMOTRAで活動していく中で、本当にたくさんの人たちと触れ合って、たくさんたくさんお世話になりました。最近はそんな人達に恩返ししたいなって、地元に帰ってきたいなって思うようになりました。

どちらにするか今はまだ決められていません。もしかしたら両方できるかもしれない。また新しくやりたいことがでてくるかもしれない。
自分の好きなこと、得意なことを最大限に活かすためにはどうすればいいのか、どうしたいのか、それをこれから考えていきたいと思っています。

 


今回のOne Young Worldで、少しでも自分のやりたいことをみつけたいです。

 

 

 

(第3章 わたしとOne Young World へ)

新着情報一覧へ