ベトナム、ホーチミン市ツーズー病院で治療を続けている「ニョー君」

今年の4月で1歳になりました。

彼が患っている心臓病は深刻で、3歳までの命と言われています。

この笑顔をずっと、ずっと絶やすことなく元気に成長してもらいたい。

その想いは、私だけではなく、「ニョー君」のご両親や現地医療スタッフも同じ気持ちでした。

しかし、ベトナムで彼を治療することは困難と言われています。

「ニョー君」の担当医は、「ベトナム国内で彼の治療をする場合感染症にかかるリスクがとても

高く、また高度な治療を行うための医療機器が整っていない」と説明をされていました。

日本で治療を行い、「ニョー君」に元気な姿でご両親のもとへ、

私たちは、懸命に治療に励む「ニョー君」に勇気をもらいながらこのプロジェクトの達成に向けて取り組んでまいります。

どうか皆様、ご支援宜しくお願い致します。

新着情報一覧へ