プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

【目標達成の御礼と新たなゴール】

 

皆様のご支援により、目標金額の43万円に到達することができました。この場をお借りしまして、ご支援者様、広報へのご協力を賜りました皆様へ、厚く御礼申し上げます。

 

今回の目標金額の43万円は、子供たちの渡航費用の一部に充てさせていただきます。本当にありがとうございました!

 

しかし、今回の渡航に際してかかる費用は、総額では74万円となります。そこでネクストゴールとして、74万円を設定させていただきたく思います。

 

募集終了の4月27日まで、引き続きのご支援をいただければと思っております。よろしくお願いいたします!

 

 

2018年5月3〜4日に東京で開催されるカンボジアフェスティバルに、
孤児院の子供たちを連れて行きたい!

 

こんにちは、NGO団体「Pay it Forward」で活動のサポートをしているセレイモンです。現在、私たちはカンボジアのプノンペンを中心に孤児院の子供たちを支援する活動を行っています。

 

2018年5月3〜4日の間、東京の代々木公園でカンボジアフェスティバルが開催されます。今回、団体として初めてブース出展を行い、カンボジアの民芸品やフェアトレード商品を販売する予定です。ここに、私たちが支援する子供達を連れて行きたいと思っています。

 

現在、孤児院ではいろいろなものが不足している状態です。衣類、食料品、衛生用品、文房具…。その結果、「勉強をしっかり行う」という環境を作り出せずにいます。こうした環境下では、未来に希望を持ち、未来に向かって努力することが難しくもあります。

 

私たちは、今回のプロジェクトを通して、そんな子供たちが未来のために行動を起こすきっかけを与えたいと思っています。どうか、皆様の暖かいご支援をよろしくお願いいたします!

 

 

NGO法人 Pay it Forwardとは?

 

私たちは、主にカンボジアにある孤児院の支援を行なっております。現在、カンボジアの首都プノンペンはめまぐるしく発展し、近代的なビルが建設され始め、多くの外資企業も参入し始めました。

 

ですが、同時にその発展に隠れた悲惨な現状も残っています。それが、戦争で親を失い、孤児となってしまった子供たちです。私たちは、そんな子供たちが暮らす孤児院で直接子供たちと触れ合い、実際に必要な問題と向き合い支援を行ってきました。ラーメン炊き出し活動や、日本の学生とおにぎり作りを通じた交流、カンボジア国内プロサッカー選手のサッカー講習、歯磨き講習や歯科検診、商業施設を訪れる社会科見学、洋服販売を行う職業体験など多岐に渡ります。

 

こうした活動の中で、子供たちは多くの人と出会い、人の暖かさに触れ、実に多くの純粋な笑顔を私たちに向けてくれます。そういった子供たちの未来のために、私たちPay it Forwardは活動しております。

 

 

 

日本という外国で、学ぶ時間を子供たちに

 

今回、5月3〜4日の間、代々木公園で開催されるカンボジアフェスティバル2018に団体として初めて出店いたします。当日は、孤児院の子供たちが作った作品を販売する予定です。そのブースのお手伝いとして、孤児院の子供たちにも参加してほしいと思っています。今回は、以下の2人の子供の渡航を予定しております。

 

Tem Thavid
 テム ターヴィッド
   フレンドリーで責任を持って仕事を行うことができます。
   日本語を習い始めていますが発音がとてもきれいです。 

 

ソック チャンスレイニッチ
フレンドリーで、責任感を持って仕事を行います。
また、いくつかの仕事を同時にしっかり管理することができます。

 

こうした場所でのお客様とのやり取りを通じて、子供たちに「お金を稼ぐことの大変さ」を伝えていきたいと思っています。実際にものを売り、お金を稼ぐということは大変であると同時に、お客様の笑顔を見ることができるという喜びもあるのだと、子供たちには経験してほしいです。そして、その中で生まれるのが「どうしたらより売れるだろう」という工夫であり、その過程で子供たちは自ら考え、実際に行動し、成功体験をして、将来に渡って強く残っていく力を得ることができると思っています。

 

カンボジアフェスティバルの前後には、日本の文化や環境に触れる機会を用意しますが、それだけではなく「頑張る」ことを学ぶ機会になるようにしていきたいです。

 

【カンボジアフェスティバル2018】
日時:2018年5月3〜4日(各日10:00~19:00)
場所:東京都代々木公園イベント広場+野外ステージ
入場:無料

公式HP:http://www.cambodiafestival.com/

 

【資金使途】
皆様からのご支援金は、来日する子供たちの渡航費・ビザ取得費・日本での滞在費・交通費などの一部に当てさせていただきます。

 

日本への渡航、その先にあるもの

 

子供たちには、支援を受けることを当たり前に思わず、孤児院に対して今自分たちは何ができるのかを考えて、自分たちの力で未来を切り開けるようになっていってほしいと思っています。

 

カンボジアフェスティバルで得た収益は、すべて孤児院へ寄付されます。衣類、食料品、文房具など子供たちが必要としているものを購入するための費用です。当日、来日する子供たちにとっては、自分の収益が孤児院に渡ることで「自分が孤児院をサポートしている」という感覚を感じてもらうきっかけになります。

 

そしてそれが、将来的には自分たちでお金を出し合い、自分たちで孤児院を運営していく仕組み作りへの第一歩となると思っています。来日した子供たちが感じたことや見たことは、決してカンボジアで得ることはできない経験です。その経験が、子供たちが夢を見つけ、実現させることに向かって頑張るモチベーションになっていくと思います。

 

今回の経験を、孤児院にいる他の子供たちに伝えていくことで、その経験は決して本人たちの中で完結せず、「学びたい」「知りたい」という学習意欲を周囲に与える良い影響を生んでいくことになると信じています。

 

どうか、皆様からのご支援をお願いいたします!

 

 


最新の新着情報