プロジェクト概要

群馬県中之条町で昔あった農の精神と農具の魂を映像パフォーマンスで甦らせ、改めて農業と自然環境の大切さを問いたい!

 

はじめまして、ヒグマ春夫と申します。映像を介在させた表現で、ジャンルを超えたコラボレーションや映像パフォーマンスをこれまで展開してきました。映像の可能性を追求し続けた「映像パラダイムシフト」は、これまで84回の実験的公演をしています。

 

そういった活動の中、「地球温暖化で南極の氷が溶けたら海辺の都市は海水に浸かる」というコンセプトで制作した映像インスタレーション『DIFFERENCE』は、第5回岡本太郎記念現代芸術大賞展で優秀賞を受賞しました。

 

 

今回のプロジェクトでは、「農の精神と農具の魂」に感銘を受けたことをきっかけに、機械化によって農業の場から姿を消した農具と映像パフォーマンスを掛け合わせた表現をしたいと思っています。その運営資金に25万円が必要です。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

「映像インスタレーションとパフォーマンス」の魅力

 

映像は平面的なものですが、何枚もの透過性のあるスクリーンを使ったインスタレーションに映像をプロジェクターで投影すると、映像は光源を出発点に段々大きくなりスクリーンに映り込みます。

 

また、スクリーンに映る空間は一点透視の構造になっているため、映像が立体的に見えます。そこでダンサーが踊ると、映像と溶け込み一つのパフォーマンスになるのです。映像インスタレーションとダンスが合わさったその光景はとても魅力的です。

 

「ヒグマ春夫」の画像検索結果

 

農の精神と農具の魂を映像ダンスパフォーマンスで披露したい!

 

木や藁や葛などの自然素材で作られた農具は、造形的にも美的にも素晴らしいです。そんな農に魅了されてしまった私の農具との出会いは、オリエンテーションで訪れた旧五反田学校でした。

 

教室に詰め込まれたたくさんの農具と古びた生活用具に出会ったとき、造形的な形と古くなった木材の色、壊れかけた姿に農業の歴史を深く感じたのです。現代、農業はオートメーション化されていますが、こういった古農具たちが主役の時代があったかと思うと感慨深いものがあります。

 

そこで思い付いたのが、現代的なメディアである映像を使い、映像インスタレーションとして農の精神と農具の魂を蘇らせることです。農具を美術的な観点で捉え、イメージとしてインスタレーションに組み込み、身体表現とミックスすることで社会に発信していきたいと思います。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
ダンサーが農具を使って草取り

「農の精神と古農具の魂」を3つの切り口で表現

 

農具は長い間、人力・畜力によって使われた農業用のツールです。これら農具は、農民や職人によって作られたものであり、農業の発展に大きく貢献してきました。さらに、その合理性だけではなく、木や藁や葛など自然素材で作られた造形美を見てみても素晴らしいものがあります。今回のプロジェクトでは、農具を「農の精神と古農具の魂」という語り口で創造します。

 

その1. 古農具と映像システムを使った映像インスタレーション

 

例えば、農具のどこかに小さなモニターを設置し、そのモニターにダンサーが農具とコミュニケーションを取っているシーンを映し出すと、農具を現代的に感じることができるのではないでしょか。また、農具を容器として捉え農具に水を張り、訪れた観客の姿が偶然に水に映し出されると、農業と農具との距離を縮めることができるのではないでしょうか。

 

その2. 古農具とダンサーの映像作品

 

ダンサーにとって農具は、踊るための小道具になることがあります。農具の種類によって、農具の置かれる場所によってダンサーの動きは変化するのではないか。そのような状況の中で、パフフォーマンスを撮り映像作品として残したいと思います。

 

その3. 旧五反田学校を舞台に、映像×ダンス×音楽のコラボレーション

 

町指定重要文化財に登録される旧五反田学校で、映像ダンスパフォーマンスを開催します。旧五反田学校は、明治42年(1909年)に当時の最高技術をもって建築されたと言われ、五反田村の力を結集して建てられた学校です。そんな歴史ある空間と古農具に囲まれた中でのパフォーマンスはきっと素晴らしいものになるはずです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
ダンサーが農具とコミュニケーション

 

人間も農業と同様結果をすぐに求めてはいけない。努力し、環境の変化に柔軟に対応し、成長していくのである。

 

農の精神とは、種を蒔いて待つことだと解く。時間をかけチャンスが訪れるまでじっくり待つことだと解く。状況に変化が現れたらたらじっくり観察することだと解く。そして動く。素早く動く。大きく動く。


自然界では、種をまいてすぐに育つわけではありません。また台風や災難があるたびにそれに対処するために様々な手入れが必要となります。人間も同じです。結果をすぐに求めてはいけません。努力し、環境の変化に柔軟に対応し、成長していくのです。

 

古農具が映像ダンスパフォーマンスと一緒に甦り、自然の大切さを問いかけるものとして私たちの心のどこかに残ってくれることを願っております。そのためにも、今回皆さまのお力をお借りしたいと思います。ご支援よろしくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
農業の機械化によって現場から去った農具たち

リターン

 

リターン限定「支援者名クレジット入り映像作品(DVD)及び「中之条ビエンナーレ2017」の観覧パフポート券などをお届けする予定です。

 

「中之条ビエンナーレ2017」の観覧パスポート券

「中之条ビエンナーレ2017」は、群馬県中之条町を中心に展開されるフェスティバル。国内外約145組近いアーティストが参加し、展示している作品全てを鑑賞することができます。
 

「映像・ダンス・音楽とのコラボレーション」の鑑賞ペア券

「農の精神と古農具の魂」をタイトルとした映像ダンスパフォーマンス公演を観劇できます。(毎週土曜日17時から開催予定)

 

古農具とダンサーの映像作品DVD

ダンサーがいろいろな古農具と共存し、葛藤している姿の映像が収録。

 

❐ 古農具をモチーフにした作者サイン入りオリジナル版画

 

イベント詳細

 

中之条ビエンナーレは2007年に始まり、2017年で第6回目となる芸術祭です。温泉街や木造校舎など町内各所で総勢130組を超えるアーティストによるアート展示、演劇、身体表現などのパフォーマンス、ワークショップ、マルシェなどを開催します。

 

Placeholder image
会場となる旧五反田学校

 

場所:群馬県吾妻郡中之条町五反田1648 旧五反田学校

日時:2017年9月9日(土)~2017年10月9日(月)

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)